住まいづくり アイディア

注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』

 結論から言うと、契約後から着工までの『約3ヶ月間』が、打合せ期間となります。この間にプランや仕様など、順を追って内容を確定させていきます。それと同時に建築確認申請を審査機関に提出し、着工に向けて準備をしていきます。

スポンサードリンク

 

 今まで私は、家づくりをするお客様を数多く見てきましたが、成功している人の打合せスパンは『2週間に1度、2~3時間の打合せ』です。したがって、家づくりを成功させるには、このくらいの打合せ感覚で進めていくのがベストだと思います。

契約後の一般的な打合せ内容は、下記の通りです。
――――――――――――――――――――
1)プラン確定打合せ
2)サッシの種類・位置・大きさ及びガラスの種類の打合せ
3)電気関係(照明・コンセント・スイッチ位置等)打合せ
4)外部仕上げ(外壁材・屋根等)打合せ
5)インテリア打合せ1 ヒアリング
6)インテリア打合せ2 床・壁・天井の仕上げ材の決定
7)インテリア打合せ3 浴室・洗面・トイレなどの設備と照明器具の決定
――――――――――――――――――――
この内容でざっと12週間となりますので、約3ヶ月間です。その他、カーテン・外構については、別途機会をつくり、着工中などに打合せをするのが一般的です。

 この打合せ回数が多いと感じるか・少ないと感じるか・打合せ間隔が長いと感じるか、お客様によります。でも実際に打合せをするとわかりますが、『2週間に1度、2~3時間の打合せ』は、程良い間隔だと感じるはずです。

なぜかと言えば、疲れず・楽しく打合せができるからです。更に自分自身の頭の中がきちんと整理できて、迷いの無い決断ができるからです。

家を早く完成させなければいけないなど、理由があれば別ですが、これ以上、打合せ間隔を詰めると、間違いなく家づくりに疲れて、良い決断ができなくなります。

家づくりを成功させるためには、『2週間に1度、2~3時間の打合せ』という間隔を意識し進めましょう。そうすれば必ず成功します。

【まとめ】
 打合せ項目と回数は、一般的な内容で書いていますので、こだわりがある人には、全然足りないかもしれません。その場合は、打合せ間隔や時間をうまく調整することが必要です。自分自身が疲れないように進めていきましょう。

 

スポンサードリンク

家づくり検討している人『あってよかったもの・あるとよいもの』とは!?前のページ

Apple watch series5 『防水』の性能が気になる人へ!次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    木造『フラットルーフ』|天井断熱材の入れ方|注意するべきポイントーー!!

     木造住宅では三角屋根が一般的だと思いますが、建物をモダンに見せるには…

  2. 住まいづくり アイディア

    東西に細長い敷地でも最高の家をつくる方法|プライバシー・日当たり・開放的な空間

     東西に細長い敷地では、南北の奥行きが少ないので『プライバシーが守られ…

  3. 住まいづくり アイディア

    バルコニー手摺|スチールフラットバーで作った実例

    『シンプルで抜け感のあるバルコニー手摺』にしたい場合は『St-FB(ス…

  4. 住まいづくり アイディア

    間接照明|主寝室に仕込む方法

     主寝室に『間接照明』を仕込む方法は、大きく分けると2つの方法がありま…

  5. 住まいづくり アイディア

    自分の家の『間取り(プラン)』を作成する上で最も大切なことは?

     『間取り(プラン)』を作成する上で一番大切なことは、『計画敷地の中に…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 独立を考えている人へ

    D【衰退期〜廃業】編 ー Vol.04 会社の季節は『冬』ー一2014年5月末、…
  2. 思った事・感じた事・体験した事

    心身共に辛い時は、休んだ感が違う『3連休』がオススメ
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    「睡眠は短くても深ければOK」のウソ |National Geographic
  4. 思った事・感じた事・体験した事

    ブログのPV数(アクセス数)のアップが待ち通しい話
  5. 思った事・感じた事・体験した事

    自分の心の中に『嫉妬心』が湧いてきた時の対処方法とは!?
PAGE TOP