住まいづくり アイディア

注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』

 結論から言うと、契約後から着工までの『約3ヶ月間』が、打合せ期間となります。この間にプランや仕様など、順を追って内容を確定させていきます。それと同時に建築確認申請を審査機関に提出し、着工に向けて準備をしていきます。

スポンサードリンク

 

 今まで私は、家づくりをするお客様を数多く見てきましたが、成功している人の打合せスパンは『2週間に1度、2~3時間の打合せ』です。したがって、家づくりを成功させるには、このくらいの打合せ感覚で進めていくのがベストだと思います。

契約後の一般的な打合せ内容は、下記の通りです。
――――――――――――――――――――
1)プラン確定打合せ
2)サッシの種類・位置・大きさ及びガラスの種類の打合せ
3)電気関係(照明・コンセント・スイッチ位置等)打合せ
4)外部仕上げ(外壁材・屋根等)打合せ
5)インテリア打合せ1 ヒアリング
6)インテリア打合せ2 床・壁・天井の仕上げ材の決定
7)インテリア打合せ3 浴室・洗面・トイレなどの設備と照明器具の決定
――――――――――――――――――――
この内容でざっと12週間となりますので、約3ヶ月間です。その他、カーテン・外構については、別途機会をつくり、着工中などに打合せをするのが一般的です。

 この打合せ回数が多いと感じるか・少ないと感じるか・打合せ間隔が長いと感じるか、お客様によります。でも実際に打合せをするとわかりますが、『2週間に1度、2~3時間の打合せ』は、程良い間隔だと感じるはずです。

なぜかと言えば、疲れず・楽しく打合せができるからです。更に自分自身の頭の中がきちんと整理できて、迷いの無い決断ができるからです。

家を早く完成させなければいけないなど、理由があれば別ですが、これ以上、打合せ間隔を詰めると、間違いなく家づくりに疲れて、良い決断ができなくなります。

家づくりを成功させるためには、『2週間に1度、2~3時間の打合せ』という間隔を意識し進めましょう。そうすれば必ず成功します。

【まとめ】
 打合せ項目と回数は、一般的な内容で書いていますので、こだわりがある人には、全然足りないかもしれません。その場合は、打合せ間隔や時間をうまく調整することが必要です。自分自身が疲れないように進めていきましょう。

 

スポンサードリンク

家づくり検討している人『あってよかったもの・あるとよいもの』とは!?前のページ

Apple watch series5 『防水』の性能が気になる人へ!次のページ

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    ビルトインガレージに設置するオーバースライダー、おすすめのメーカーと商品とは?

    ビルトインガレージのある家ををつくろう!と考えたら、ガレージシャッター…

  2. 住まいづくり アイディア

    『坪単価とは?』|何を表しているのか詳しく解説

     『坪単価とは?』何を表しているのか一言で言えば、あくまでも『家の値…

  3. 住まいづくり アイディア

    外部階段|『踏面・蹴上』|理想的な寸法は!?

    敷地と道路に高低差がある場合は、玄関へアプローチするために『外部階段』…

  4. 住まいづくり アイディア

    ビルトインガレージ(インナーガレージ)|検討するべき4つのポイント

    家づくりを進めていく上で『車の駐車スペースをどのようにとるか!?』を考…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Car

    ソニーが電気自動車を発表。驚くような完成度のワケや同社の狙いとは?- carvi…
  2. Stationery

    モンブランのローラーボールを購入。『やはり一流品は違うな!』と感じた件。
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    住宅ローン、『80歳まで』の返済期間で組んで大丈夫ですか?
  4. Job

    リーダーのネガティブな言葉は病気のように社内を伝わる | ライフハッカー[日本版…
  5. 思った事・感じた事・体験した事

    1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
PAGE TOP