住まいづくり アイディア

モダンな家を目指している人が理解してほしい木造『フラットルーフ』のメンテナンス性について

 『構造が木造の建物の屋根にフラットルーフ(陸屋根)』を使うことは、私の今までの経験上、長期的(15年以上)な面を考えると、オススメできません。
但し、10年ごとにきちんとメンテナンスをしていれば、話は別ですが。。。

したがって、建築作品としてカッコ良い家やモダンな家を目指すなら別ですが、メンテナンス性に優れた長持ちする家を目指すのであれば、きちんと屋根(寄棟・切妻)をかけた方が間違いく良いです。

スポンサードリンク

 

 木造でフラットルーフ(陸屋根)をつくるには、FRP防水・シート防水のいづれかが一般的だと思いますが、防水そのものには全く問題ありません。

では『何が問題になってくるのか?』と言えば、『ドレイン』と呼ばれる部分です。『ドレイン』とは、フラットルーフに降った雨を集めて縦トイに流すための『排水口』です。

降ってきた雨が排水口である『ドレイン』に流れ込みます。その時に、枯れ葉や細かな土なども一緒に流れ込んできます。それが長期間続くことで汚れとなり『ドレイン』周りに付着し、防水が劣化していきます。

私は仕事柄、15年くらい経過した『ドレイン』の状況を見る機会があります。『実際どうなっているか?』と言えば、ほとんど大半が汚れによる劣化で、防水がめくれ上がってるのが現状です。

そうなると、雨漏りの原因となるだけではなく、躯体内部に雨が入り込むので、気づかずにそれが長期的に続けば構造材にまで影響が及ぶことになります。

 もう一つのは、建物の構造面による向き不向きです。
『鉄筋コンクリート』と比較すると『木造』や『鉄骨造』は、建物が揺れます。車がそばを通った時の振動や、地震などによる『揺れ』です。
構造材料の特性から、どうすることもできないのですが、長期的に見た場合は、建物の『揺れ』により防水が切れてしまうのです。

したがって『フラットルーフ』が一番向いている構造は『鉄筋コンクリート造』だと言えます。

【まとめ】
建物の意匠面から、木造でどうしても『フラッとルーフ』を使いたい場合は、10年前後で必ずメンテナンスすることを考えてください。そうすれば何も問題ありませんので。。。

あと、木造で『フラットルーフ』を使うにはもう一点考慮する必要がありますそれは『断熱性』です。『フラットルーフの断熱性』は、下記リンクを是非参考にしてくださいね!

【関連】木造で『フラットルーフ』をつくる時の注意するべきポイントーー!!    

スポンサードリンク

私の究極のストレス解消法とは…?前のページ

新築を検討。夫婦喧嘩を避けるための家づくりの進め方とは!?次のページ

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    自分の家の『間取り(プラン)』を作成する上で最も大切なことは?

     『間取り(プラン)』を作成する上で一番大切なことは、『計画敷地の中に…

  2. 住まいづくり アイディア

    外部階段|『踏面・蹴上』|理想的な寸法は!?

    敷地と道路に高低差がある場合は、玄関へアプローチするために『外部階段』…

  3. 住まいづくり アイディア

    注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』

     結論から言うと、契約後から着工までの『約3ヶ月間』が、打合せ期間とな…

  4. 住まいづくり アイディア

    ストリップ階段|『ささら桁』形状|オススメの『3種類』

     ストリップ階段をつくる時のデザイン要素である『ささら桁』形状。オスス…

  5. 住まいづくり アイディア

    ストリップ階段|設置のポイントと値段

     住宅の階段を一般的な壁で囲われた階段ではなく「デザインされた『ストッ…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Special Contents

    中庭のメリット【省エネルギー】2/4|風通し
  2. 思った事・感じた事・体験した事

    住宅ローン、『80歳まで』の返済期間で組んで大丈夫ですか?
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    2019年 冬のボーナス 減る
  4. Apple関係

    『マジックマウス 2』を買ってみたーー!!
  5. 思った事・感じた事・体験した事

    半沢直樹 視聴率に期待高まる – Yahoo!ニュース
PAGE TOP