よくある質問

わかりずらい言葉『建坪(たてつぼ)』改めて解説

『建坪』とは、結論から先に言えば建築基準法上の『建築面積』にあたります。

でも、お客様から質問で『この建物の建坪はどのくらい?』という言葉を聞いた時に、私は建物全体の面積、つまり『延べ床面積』の意味合いで聞いきてるな~と感じることが多々あります。

なので私は『建物の延べ床面積は…』と言い直し、質問に返答しています。

スポンサードリンク

 

 そもそも建築に素人のお客様が『建築面積(=建坪)』の意味を知っているとは思えません。
『建築面積』の算出には、細かくて面倒な決まりがあります。実際にプロの設計者でも計算間違いをしたりするくらい複雑なものです。

また家を建てたり購入を考えている人が、『建築面積』という言葉の意味を知っていたとしても、あまり意味が無いでしょう。

大切なのは、建物のコストや広さの検討をするにあたり『1階床面積や2階床面積、また延べ床面積』などの言葉です。またそれらは、理解できる言葉だと思います。

 では『建築面積(=建坪)』は、何に使うのか?と言えば、敷地に対する建物の割合を計算するための面積です。建築基準法上の『建ぺい率』というものです。

例えば、面積が200㎡の敷地を例にとって計算してみます。建ぺい率50%であれば、200㎡×0.5=100㎡となります。この100㎡が『建築面積の上限』となり、この面積内で建物をつくることになります。

ちなみに『延べ床面積の上限』は、『容積率』で決まってきます。

【まとめ】
 素人にはわかりずらい用語なので、理解するのが大変ですが、家づくりや購入においては『1階床面積・2階床面積・延べ床面積』の3つの言葉が分かれば十分でしょう。

更に詳しい建築面積の内容については下記リンクから。

【関連】『建坪』とは、どの面積を言っているのですか?

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. よくある質問

    土地を一緒に見て欲しい!そのポイントは?

    お客様より『今現在、土地を現在探しているが、この段階で一度相談したい!…

  2. よくある質問

    『坪単価』とは 、何を表しているのですか?

    『坪単価』とは『目安』にすぎない!?建物金額の目安として使われ…

  3. よくある質問

    遠隔地でも対応してくれますか!?

    弊社に【 お問合せ・資料請求 】を頂く中で『遠隔地でも大丈夫ですか?』…

  4. よくある質問

    現地調査の内容とは!?

    土地さえ決まれば、次は『具体的なプランの打合わせだ‥‥!』と思っていま…

  5. よくある質問

    『家づくり』で後悔する4つのケース

     仕事柄、家づくり『失敗したな~』と後悔している人を見ることがあります…

  6. よくある質問

    注文住宅を検討している人が気になる資金繰り。『頭金なしでも建てられますか?』

     注文住宅を検討している人が気になる資金繰り。『頭金なしでも建てられま…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 中庭

    中庭4つのメリットー2/4 省エネルギー対策になる
  2. 日々感じたこと・体験したこと

    ワールドカップサッカー日本vsコートジボワール戦から学ぶ大切なこと!
  3. 日々感じたこと・体験したこと

    『サラリーマン』と『自営業』の違い
  4. おもしろ記事リンク

    本を読むって、そんなに知的な行為なの? « WIRED.jp
  5. おもしろ記事リンク

    ユニクロ、オリジナルTシャツを作ってそのまま注文できるアプリ「UTme!」をリリ…
PAGE TOP