よくある質問

『坪単価』とは 、何を表しているのですか?

『坪単価』とは『目安』にすぎない!?

建物金額の目安として使われている『坪単価』、それは何を表しているのか詳しく説明します。

最初に私が思う『結論』からお話すると、『坪単価』とはあくまでも建物金額を把握するための『目安』にすぎない‥‥ということです。

『坪単価』というキーワードは、家づくりを進めていく上で必ずでてきます。

でも、それをベースに総額計算をすると大幅予算オーバーとなりますので、『坪単価はどのように算出するのか!?』それを理解して楽しい家づくりにつなげて頂けたらと思います。

 

スポンサードリンク


 

『坪単価』の算出方法とは!?

まず最初に『家づくりの「見積りの項目」には何があるか?』を理解して下さい。
家づくりに関わる『見積りの項目』は、大きくわけて『3つ』です。

1)建物ご予算
2)設計監理料
3)建築に伴う諸費用

この3項目の金額を全て足した合計が『総建築費用』です。
【 総建築費用 = 1.建物ご予算 + 2.設計監理料 + 3.建築に伴う諸費用 】

 

ここから『坪単価』の算出方法ですが、最初は建物が何坪あるか計算します。
『1坪 = 約3.3㎡』ですので【延べ床面積/3.3㎡】で何坪あるかわかります。

仮に建物の坪数が30坪だとすれば、【総建築費用/30坪 = 坪単価】と計算するのが普通だと思っていませんか?

恐らく、ほとんどのお客様はそう思っているはずですーー!!
でも実際は、そのような計算はしません。

一般的には『建物ご予算』の中に『建物主体工事』という項目があるのですが、それを使って『坪単価』を算出します。

計算式に表すと下記の通りです。
【建物主体工事/30坪=坪単価】

このような計算方法では『総建築費用』を使っていないので『坪単価』は安くでてきます。

でも、なぜこのように計算をするか、疑問が湧いてきませんか!?
その大きな理由は、『建物主体工事』以外の『見積りの項目』は、お客様により金額的に変わってくるからです。

例えば、仮に同じ30坪の建物だとして、変わる項目を上げてみると‥‥‥
・解体工事の有無
・敷地の高低差の有無
・地盤改良の有無
・外構工事の有無
・上下水道引込みの有無
・浄化槽の有無

上記項目は『付帯工事』とも呼びますが、条件により変わるので最初の段階では『不確定要素』という扱いをします。つまり『不確定要素』を取り除き計算することで、ある程度信頼のおける『坪単価』を算出しているのです。

では『建築主体工事には不確定要素は無いのか!?』といえば、建物の仕様や設備の数で変わってきますので『不確定要素』はあります。

以上のことから『坪単価』は、お客様の計画内容により大きく変わるので『目安』でしかないということがおわかり頂けたと思います。

【まとめ】
『坪単価』に踊らされない楽しい家づくり!

『坪単価』が安いからといって『総建築費用』が安くなるわけではない‥‥‥このことは、是非ご理解いただけたらと思います。

それよりも『総建築費用』には、下記3項目があることを頭に入れてください。

1)建物ご予算
2)設計監理料
3)建築に伴う諸費用』

 

その上で『自分達の総建築費用は、いくらまで大丈夫なのか?』をしっかりとおさえ、相談にいきましょう。

『坪単価』に踊らされない楽しい家づくりができると思います。

 

スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. よくある質問

    新築を検討。夫婦喧嘩を避けるための家づくりの進め方とは!?

     30年弱注文住宅の仕事に関わってきた私の個人的な結論を先に言わせてい…

  2. よくある質問

    家づくりを成功に導くための最も簡単な秘訣とは?…『どのくらいの期間が必要なのか?』を理解すること

     家づくりを成功させる秘訣は、まずは家の『工期』を理解することです。 …

  3. よくある質問

    【相談〜契約まで】の具体的な流れ

    設計事務所へ設計相談をしてみたいが・・『なんだか、敷居が高そう!』 …

  4. よくある質問

    『地鎮祭』って、皆やるのでしょうか?

    家づくりの打合せが順調に進み着工が近づいてくると、担当者から『地鎮祭は…

  5. よくある質問

    わかりずらい言葉『建坪(たてつぼ)』改めて解説

    『建坪』とは、結論から先に言えば建築基準法上の『建築面積』にあたります…

  6. よくある質問

    遠隔地でも対応してくれますか!?

    弊社に【 お問合せ・資料請求 】を頂く中で『遠隔地でも大丈夫ですか?』…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. Mac OS X

    AppleのWWDC 2014 イベント会場にバナーが登場ーー!!
  2. 読書感想文

    『継続は力なり』という言葉を信じて『書き続ける』
  3. ブログについて

    WordPressを使ったBlogで[スパムコメント]で困っている人必見。簡単に…
  4. 外観テーマ

    PV数に影響がでる可能性有り『Word Pressのテーマ変更は慎重に!』
  5. Wacth

    『高い買い物』をする時、『後悔しない決断』をするための考え方とは!?
PAGE TOP