よくある質問

家づくりを成功に導くための最も簡単な秘訣とは?…『どのくらいの期間が必要なのか?』を理解すること

 家づくりを成功させる秘訣は、まずは家の『工期』を理解することです。
簡単に言えば、木造注文住宅の工期の目安は『10坪・1ヶ月+予備1ヶ月』が基本です。

例えば、30坪木造住宅なら『3ヶ月+予備1ヶ月』となるので、おおよその工期は『4ヶ月』です。

このような計算を使い『自分達が希望する新居への入居時期』から、着工時期を逆算します。
これにより『いつ着工しなければいけないのか?』が明確になります。

 

スポンサードリンク

 

 ちなみに『10坪・1ヶ月+予備1ヶ月』は、木造住宅が基本です。工法が『軸組工法』でも『2*4工法』でも、同じです。
『鉄骨造&鉄筋コンクリート造』の注文住宅の場合は、やはり工期は多少伸びます。『予備1ヶ月』のところを『2ヶ月』で見ておけば大丈夫でしょう。

 最初に書きましたが『自分達が希望する新居への入居時期』を叶えるには、まずは『工期』を把握することが大切となります。

そして着工するためには…
1)打合せして詳細をつめること
2)建築確認申請関係の許可を取得すること
この2点が必須となります。

 後悔のない家づくりをするには、あせらずゆっくりと考ながら打合せを進めてしていくことが、とても大切です。
そのためには『二週間に一度の打合せ』というペースが、私の経験上のベストだと思います。

また、打合せをしながら同時に申請関係の許可とっていきます。
そのためには、着工までに『約3ヶ月』という期間が必要です。

例えば30坪の木造住宅なら『契約から3ヶ月間の打合せ+4ヶ月間の工期』ということになり、合計で『7ヶ月間』必要になります。

つまり逆算すると『自分達が希望する新居への入居時期』からは、少なくとも7ヶ月前に契約をしておく必要があるということです。

 家づくりで失敗している人の多くは、ゆとりをもったこの期間が無いがために『問題が起きたり…、後悔したり…するケースが多いのです。

 

【まとめ】
 良い家をつくるにはメーカー選定はとても大切です。
しかし、そこにばっかり時間をかけると、家づくりは必ず失敗します。

最も大切なことは、メーカー選定に時間をかけるのではなく、逆に早くメーカーを決め『そことしっかりと打合せする時間をつくること』です。

このことこそが、家づくりを成功に導くための最も簡単な秘訣です。

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. よくある質問

    『坪単価』とは 、何を表しているのですか?

    『坪単価』とは『目安』にすぎない!?建物金額の目安として使われ…

  2. よくある質問

    『家づくり』で後悔する4つのケース

     仕事柄、家づくり『失敗したな~』と後悔している人を見ることがあります…

  3. よくある質問

    注文住宅を検討している人が気になる資金繰り。『頭金なしでも建てられますか?』

     注文住宅を検討している人が気になる資金繰り。『頭金なしでも建てられま…

  4. よくある質問

    『建坪』とは、どの面積を言っているのですか?

     家づくりの現場に携わっていると、時々お客様から「この家の『建坪』はど…

  5. よくある質問

    現地調査の内容とは!?

    土地さえ決まれば、次は『具体的なプランの打合わせだ‥‥!』と思っていま…

  6. よくある質問

    土地を一緒に見て欲しい!そのポイントは?

    お客様より『今現在、土地を現在探しているが、この段階で一度相談したい!…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    同じような趣味で、そこにセンスを感じる設計者を探す!
  2. 制度

    『日影規制』とは、何ですか?
  3. 基本概算予算計画

    2 設計監理料
  4. プランニングのテクニック

    『家事が効率的にできる家』をつくる具体的なテクニックとは!?
  5. プロジェクトの裏側から

    人を心から信頼し任せる!
PAGE TOP