住まいづくり アイディア

ビルトインガレージに設置するオーバースライダー、おすすめのメーカーと商品とは?

ビルトインガレージのある家ををつくろう!と考えたら、ガレージシャッターについては、とても悩むと思います。

ガレージシャッターは、外観上その家の印象を大きく決める要素になるもので、更に『どのように開閉するのか?』という使い勝手も重要になってきます。

コスト的にもかかるものなので、よく吟味して決めていきたいものです。

そこで今回は、ビルトインガレージに設置するオーバースライダー、オススメの『メーカー & 商品』を紹介していきます。

 

スポンサードリンク


 

いろいろ経験してきましたが、やはり今のところでは、下記の2社の商品がオススメです。
・金剛シャッター『アルバート』
・文化シャッター『フラットピット』

 

まずは『アルバート/金剛シャッター』について。
詳しくはこちらから >> 

一昔前までは、カッコ良いオーバースライダーといえば、金剛の『アルバート』しかありませんでした。

日本でレクサスの販売が始まった頃のカタログの中に、確か車種はISだったと思いますが、オーバースライダーの前に止まったレクサスの写真がありました。私は、そのカタログで初めて知り『このカッコ良いシャッターはどこの商品だろう!?』と思ったくらいです。

そのくらい昔からある商品で実績はピカイチ、オーバースライダーの老舗といったところだと思います。

そして、私が実際の建物で使った写真です。
アルバート

デザイン的には、Less is more という感じで、無駄を削ぎ落とした美しいデザインです。

コスト的には、昔は非常に高額でしたが、今やいろいろなメーカーから同じデザインで、安く販売している競合商品があるので、そのお陰でお求めやすくなったと思います。

 

続いて『フラットピット/文化シャッター』について。
詳しくは、こちらから >> 

こちらは、金剛のアルバートを追随してでてきた商品ですが、シャッターの専門メーカーということもあり、デザイン以外の使い勝手や安全性など、きめ細やかな配慮がされた上に、コストまで安く抑えられているということで、今やこちらの商品の方がスタンダードになっている感じがします。

そして、私が実際の建物で使った写真です。
フラットピット

私は、シャッターメーカーの人間ではないのでわかりませんが、実際はどちらのメーカーでも一緒なのかもしれません。でも文化シャッターの方が、安全性についてのアピールがきちんとされているので、配慮されているように感じます。

 

【まとめ】
両方の商品とも、つくれる最大の間口寸法は6m、デザインとパネルの仕上げの種類についてもほぼ一緒だと思います。メンテナンスなどのアフターサービスも、両社とも遜色は無いと思います。

シャッターメーカーは、小さなところから大きなところまで、本当にいろいろとありますが、シンプルなオーバースライダーにしたいのであれば、今回ご紹介した会社であれば、どちらにしても間違いは無いでしょう。

 

【関連】『ビルトインガレージ』をつくる時の『注意するべき4つのポイント』

 

スポンサードリンク


『人とは違う自分だけの家を建てたいーー!』 と言う人のためのオススメ建築本の特集です!前のページ

『iCloud』サービスを、改めて簡単にわかりやすく解説!次のページ

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    戸建て住宅で『防犯対策』した間取りにする方法とは!?

    家を建てる時に気になる『防犯対策』。それの最も有効な方法とは、結論から…

  2. 住まいづくり アイディア

    『坪単価とは?』|何を表しているのか詳しく解説

     『坪単価とは?』何を表しているのか一言で言えば、あくまでも『家の値…

  3. 住まいづくり アイディア

    モダンな家を目指している人が理解してほしい木造『フラットルーフ』のメンテナンス性について

     『構造が木造の建物の屋根にフラットルーフ(陸屋根)』を使うことは、私…

  4. 住まいづくり アイディア

    『解体工事』金額&注意点について

     家の建替えなど、土地を更地にする場合に建物の『解体工事』がでてきます…

  5. 住まいづくり アイディア

    LDK床|全面タイル貼|メリット・デメリットとは!?

     LDK空間の床を全面タイルにすると、まるでここはリゾートホテル!?…

  6. 住まいづくり アイディア

    注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』

     結論から言うと、契約後から着工までの『約3ヶ月間』が、打合せ期間とな…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 思った事・感じた事・体験した事

    会社を辞めて独立|最初のお客様と巡り会った方法とは?
  2. 未分類

    『今という時間にしっかりと向き合い生きていく!!』という考え方に、非常に感銘を受…
  3. 住まいづくり アイディア

    モダンな家を目指している人が理解してほしい木造『フラットルーフ』のメンテナンス性…
  4. 思った事・感じた事・体験した事

    EUが充電規格を統一するらしい!?
  5. 思った事・感じた事・体験した事

    今年、捨てた物で一番良かった物、『TVを見る習慣を捨てました!』です。
PAGE TOP