住まいづくりのヒント

『二世帯住宅』を計画していく上での大切な2つのポイントーー!!

2人の小さな娘たちの子育てをしながら共働きをしている夫婦を見て、ご両親様は一緒に住んで応援をしたい…ということで、新たに土地を買い二世帯住宅を建築するという計画。

しかしながら、敷地の広さや道路との高低差の問題から、この土地での計画は無くなりましたが、北側道路で高低差のある敷地で二世帯住宅を計画している人には、非常に参考になるプランだと思います。

 

スポンサードリンク


 

このプランは、約63坪の二世帯住宅です。
1階は親世帯・2階は子世帯(娘夫婦)という構成です。
まずは、1階プランをじっくりと見て下さい。

1階平面図

玄関ドアは親世帯用と子世帯用の2つをつくっています。
生活の時間帯が違うので、二世帯住宅では1つにするのか?2つにするのか?しっかりと考えていく必要があります。

そして1階は、玄関上がってすぐのところに客間として使える和室をつくりました。
メインのLDKは日当たりの一番良い位置に配置。
外には連続した形でウッドデッキをつくっています。

また、リビングに面する形で、ご両親様の趣味の部屋をつくりました。

続いて、主寝室と水回りを近づけて配置。
日々の生活がとても楽になると思います。

 

そして2階(娘夫婦)プランです。

2階平面図
メインの生活空間になるLDKを極力広くとり、大きなルーフバルコニーを連続させました。
キッチンはアイランドタイプにしましたので、常に全体を見渡せます。
また、LDK空間の中にご主人様の書斎空間をつくりました。

続いて、水回り(洗面・浴室)ですが、家事の利便性を考えて、屋根のかかったルーフバルコニーを連続させています。

最後に、プライベートルームである子供部屋(将来2つにわけられる)と主寝室は、まとめて東側に配置しました。

 

【まとめ】
二世帯住宅を計画していく上での大切なポイントは下記の2つです。

1)親世帯と子世帯の生活の時間帯が違うことから音の問題を考える。
2)親世帯と子世帯を動線的にどのように繋げるのか。

そして、しっかりと家族で話し合いプランを練り上げることで、家族が集まり日々楽しく住める家にしていきましょう。

 

【関連】東側道路 | 全て洋室の4LDK(約32坪) ダイニング上部に吹抜けのあるプラン
【関連】北側道路 | 主寝室を和室とした3LDK(約26坪)のシンプルモダンな住宅
【関連】南側道路 | 2LDK+ロフト(約18坪)の小さな平家住宅
【関連】西側道路 | 3LDK+パントリー&ウォークインクローゼット(約28坪)の2階建住宅

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 住まいづくりのヒント

    家を建てる時は『提携ローン』の利用を検討の一つに加えましょう!

    家を建てる時は『提携ローン』の利用を検討の一つに加えましょう。 お…

  2. 住まいづくりのヒント

    室内の湿気対策は『エコカラット』で!

    現在の日本の家は、省エネルギー対策をしているので、家の性能面でいえば【…

  3. 住まいづくりのヒント

    ブログ読者から頂いた質問『天井埋め込みカーテンボックス』について!

    『家づくり』を進めていくと、いろいろと細かな疑問がでてくると思います。…

  4. 住まいづくりのヒント

    『中庭』の考え方/3つのパターン ー その2『エントランス兼用の中庭』

    『中庭』をつくる時の考え方は、主に3つのパターンに集約されますが、今回…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    お客様と設計者『両方に大きなメリット』がある土地探し
  2. 住まいづくりのヒント

    チェックリスト 1/6
  3. 住まいづくりのヒント

    『二世帯住宅』を計画していく上での大切な2つのポイントーー!!
  4. エッセイ

    PV数に影響がでる可能性有り『Word Pressのテーマ変更は慎重に!』
  5. おもしろ記事リンク

    「死ぬ気で俺についてこい!」イーロン・マスクが火星移住計画を発表|ギズモード・ジ…
PAGE TOP