制度

2015年、住宅エコポイントが復活ーー!!

住宅購入を考えている人には、『2015年 住宅エコポイント』は、とても気になると思います。
ここでは、その情報について出来るだけ簡単に分かりやすくまとめてみましたので、是非参考にしてください。

 

 ます最初に『2015年 住宅エコポイント』とは?

省エネ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

現在は、低金利に住宅ローンの控除もあり、それにエコポイントを含めたら、今はまさしく住宅購入やリフォームのチャンスだと言えます。

 

スポンサードリンク


 

1)対象住宅
新築・リフォーム・完成済新築住宅の購入

 

2)対象種別
持ち家・借家(リフォームのみ)

 

3)新築の住宅性能要件
次のいずれかに該当する新築住宅をポイントの発行対象とし、1戸あたり300,000ポイントを発行します。
なお、ポイントを申請する際には、下記の基準に適合することについて登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。

a)一般住宅(全ての構造)
・省エネ法のトップランナー基準相当の住宅

b)木造住宅
・一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅
・断熱等性能等級4の性能を有する住宅
・省エネルギー対策等級4の性能を有する住宅

 

4)リフォームの住宅性能要件
a)窓の断熱改修(内窓設置・外窓交換・ガラス交換)
窓の大きさに応じて3,000~20,000ポイント

b)外壁、屋根、天井又は床の断熱改修
部位に応じて30,000~120,000ポイント

c)設備エコ改修(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器・節湯水栓の内3つの改修)
設備の種類に応じて3,000~24,000ポイン

 

5)対象期間
a)エコ住宅の新築及びエコリフォーム
以下の期間内に契約、着工・着手、完了したものを対象とします。

[1] 工事請負契約
2014年12月27日以降の工事請負契約
※すでに締結した契約を着工前に変更する場合を含む

[2] 建築着工・工事着手
2014年12月27日(閣議決定日)~2016年3月31日までのもの

b)完成済購入タイプ
2014年12月26日までに建築基準法に基づく完了検査の検査済証が発行されたもので、2015年2月3日以降に売買契約を締結した新築住宅を対象とします。

 

6)交換商品
地域産品・商品券等

 

【まとめ】
今回の『エコポイント』で注意するべき部分は『契約日・着工日・工事完了日』です。
『リフォーム・新築の注文住宅・新築の分譲住宅』のどれになるか?で変わりますので、十分注意しましょうーー!!

 

【関連】『長期優良住宅』とは!?
【関連】『住宅性能表示制度』とは!?

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 制度

    家を建てる時は『提携ローン』の利用を検討の一つに加えましょう!

    家を建てる時は『提携ローン』の利用を検討の一つに加えましょう。 お…

  2. 制度

    『長期優良住宅』とは!?

    今現在の世の中で住宅を建築する場合に、公的に優良な住宅とみなされる制度…

  3. 制度

    『ZEH(ゼッチ)』とは、なんぞや?

    簡単に言うと…、国によって定められた『4つの要件』を全て満たした家のみ…

  4. 制度

    『フラット35』とは!?

    家を新築するにあたり住宅ローンを組もうと思ったら『フラット35・長期優…

  5. 制度

    『日影規制』とは、何ですか?

     一般的に、2階建ての住宅を建築する場合は問題になりませんが、3階建て…

  6. 制度

    『木造2階建て住宅』の構造計算について!

    家づくりを考え始めて、いろいろなことを調べると『構造計算』という言葉を…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    物事の良い面だけを見て、そこに可能性を見いだす
  2. サッシ&玄関ドア

    『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!
  3. プロジェクトの裏側から

    理想の設計者に出会う方法とは・・!?
  4. AMEX

    AMEXは『Apple Payへの対応は未定』とのことで『ガッカリした!』件
  5. E【〜エピローグ〜】

    E【〜エピローグ〜】 商売を通して学んだ最も大切なことーー!!
PAGE TOP