住まいづくりのヒント

『住宅性能表示制度』とは!?

今現在の世の中で住宅を建築する場合に、公的に優良な住宅とみなされる制度が<2つ>あります。

それは下記の通りです。
1)住宅性能表示制度
2)長期優良住宅

この2つは、似ている部分がありわかりずらいと思いますので、簡単にまとめてみました。

まずは、『住宅性能表示制度』について、詳しく解説をしていきます。

 

スポンサードリンク


 

1)住宅性能表示制度とは?

・主旨
2000年(平成12年)につくられた品確法の3本柱のうちの1つです。

ちなみに『3本柱』とは…!?
a)10年間の瑕疵保証
b)住宅性能表示
c)紛争処理体制

この中の(b)の部分のことを言っています。
制度の主旨は『住宅の品質をアップさせる』という制度です。

 

・内容
設計段階でチェックされ評価書が発行される『設計住宅性能評価書』と、工事や完成段階でチェックされ発行される『建設住宅性能評価書』の2種類がある。

チェック内容は、下記の10種類です
01)構造の安定
02)火災時の安全
03)劣化の軽減
04)維持管理・更新への配慮
05)温熱環境
06)空気環境
07)光・視環境
08)音環境
09)高齢者等への配慮
10)防犯対策

性能を高めると当然コストアップしますので、全ての項目をやる必要はありません。
この項目の中から、お客様が性能を選択することになります。

 

・メリット
a)性能が等級や数値で表示されているのでわかりやすい。
b)大臣指定の審査機関が第三者として公平にチェックしてくれるので安心感がある。
c)住宅ローンの金利優遇や保険料の割引がある。
d)中古売却時の査定が有利に働く。

 

【まとめ】
『住宅性能評価とは?』まとめるとこうです。

1)品確法で定められた制度
2)チェックリストは10項目あるが、自分自身で性能を選択できる。
3)設計性能評価と建設性能評価の二種類がある。
4)住宅ローンの金利と保険の優遇措置がある。

 

【関連】『長期優良住宅』とは!?

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 住まいづくりのヒント

    『日影規制』とは、何ですか?

     一般的に、2階建ての住宅を建築する場合は問題になりませんが、3階建て…

  2. 住まいづくりのヒント

    ガラスを検討する上で、覚えておいて損はない『4種類』

    皆さんは住宅で使用する『ガラス』について、『どのような種類や使い方があ…

  3. 住まいづくりのヒント

    東側道路 | 全て洋室の4LDK(約32坪) ダイニング上部に吹抜けのあるプラン

    この計画は、お客様が勤めている会社から転勤の話がでてきたことから、それ…

  4. 住まいづくりのヒント

    プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』

    プランを作成する上で一番大切なことは『計画敷地の中に、どの部屋を、どの…

  5. 住まいづくりのヒント

    北側道路 | 主寝室を和室とした3LDK(約26坪)のシンプルモダンな住宅

    このプロジェクトは、お子様が生まれたことで、マンションから一戸建住宅に…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. Mac関係

    『delete キー』が使えなくなったーー!!
  2. 住まいづくりのヒント

    【契約〜お引渡しまで】の具体的な流れ
  3. プロジェクトの裏側から

    自分達のペースで家づくりを進めるには・・・
  4. Apple 関連

    古いApple TV(第2世代 or 第3世代)でも、2ファクタ認証でiClou…
  5. 30,000PV/日 への道のり

    BLOG | 2014年8月の実績&年内の目標
PAGE TOP