アイディア

『天井埋込カーテンBOX』おさえておくべき2つのポイント

天井を掘込んでつくる『カーテンBOX』について、今まで私がつくってきた作品では、極力下記の2点を守るようにつくってきました。

1)カーテンBOXの断面寸法は『幅150mm(15cm)・深さ150mm(15cm)』
2)カーテンBOXの長さは『壁から壁まで』

この2つのポイントをおさえるだけで空間が洗練されます。詳しく説明していきましょう。

 

スポンサードリンク


 

1)カーテンBOXの断面寸法は『幅150mm(15cm)・深さ150mm(15cm)』
文面だけでは分りづらいと思いますので、まずは下の断面図を見て下さい。

カーテンBOX断面寸法

この断面寸法でつくれば、ブラインド・ロールスクリーン・シェード・カーテンなど、ほぼ全てのものを問題無く付けることができます。

更に、開けると天井にたたまれるブラインド・ロールスクリーン・シェードなどでも、深さが150mm(15cm)あれば、天井内に隠すことができます。

 

2)カーテンBOXの長さは『壁から壁まで』
こちらについても文面だけでは何を言っているのかわからいと思いますので、下の図面を見て下さい。

カーテンBOX平面

更に、実際につくった作品で比較してみましょう。

 

カーテンBOX/窓の幅

【カーテンBOX/窓の幅】

カーテンBOX/壁から壁

【カーテンBOX/壁から壁】

 

いかがでしょうか!?

窓幅に合わせてカーテンBOXをつくるのではなく、思いきって『壁から壁まで』のばしてつくると、天井に立体感がでてくるのが、わかると思います。

また、天井と壁のクロスの切り替えなどにも有効です。

 

【まとめ】
ここに上げた2のポイントは、梁など構造的な問題でつくれない場合もでてくると思います。

特に、カーテンBOXの深さが150mm取れない場合は、この寸法に極力近づけるような形でつくるようにしましょう。

たかが『カーテンBOX』ですが、ほんのちょっとの工夫で人とは違った洗練された空間にすることができます。

是非、検討してみて下さいーー!!

 

【関連】ブログ読者から頂いた質問『天井埋め込みカーテンボックス』について!

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. アイディア

    室内の湿気対策は『エコカラット』で!

    現在の日本の家は、省エネルギー対策をしているので、家の性能面でいえば【…

  2. アイディア

    『オレフィンシート』と『ダイノックフィルム』の違いとは!?

    【軒天&玄関ドア 木目調ダイノックフィルム】…

  3. アイディア

    『間接照明』ー天井埋込カーテンボックスに仕込む方法

    リビングやダイニングに『間接照明をつくりたいな〜!』と思っている人は多…

  4. アイディア

    『デザインされた感』を演出する照明器具の設置方法とは!?

    照明器具は1つだけでポツンと付けるのはなく、『2つとか3つを固まりとし…

  5. アイディア

    木造で『フラットルーフ』をつくる時の注意するべきポイントーー!!

    木造住宅では『寄せ棟』などの三角屋根が一般的だと思いますが、建物をモダ…

  6. アイディア

    冬になると窓に発生する『結露』ーーそれを抑える方法とは!?

    <TV後ろに貼ったエコカラット>新築でもリフォームでも、窓ガラスや…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    楽しむ気持は次第にまわりの人にも伝わり、その結果、現実が変わっていく!
  2. 日々感じたこと・体験したこと

    節約をしたいなら、一番良いものを選べ!
  3. Fashion

    40代後半のオヤジが仕事で使う『鞄』を真剣に選んでみた!!
  4. Food

    「トムヤムクンヌードル」が手に入り食べてみたら、予想以上に美味しかったーー!!
  5. アイディア

    ちょっとお洒落にしたいなら【 軒天 】に工夫を!
PAGE TOP