サッシ&玄関ドア

特注サッシ『連段窓(れんだんそう)』の実例

特注サッシの形状、最後に説明するのは『連段窓(れんだんそう)』です。

今まで説明をしてきました『連窓』と『段窓』を組み合わせてつくるサッシなので、ありとあらゆる形状をつくり出すことができます。

今回も『どのような形状で、どこに設置したのか?』実例をもとに紹介します。

早速、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

・形状/全開口(4枚折れ戸)+FIX(はめ殺し)+排煙窓
・設置場所/リビング吹抜け部
連段窓1
1階リビングから2階天井までの吹抜け空間に設置した高さ約5400mm(5.4m)ある大開口サッシです。
全開口になる4枚折れ戸、その上にFIX(はめ殺し)の連窓、更にその上に排煙窓の連窓を段窓にして製作しました。
このプロジェクトのように建物の構造がRC造なら、上の写真のように思いっきり高さをとった窓を設置することが可能です。

 

・形状/FIX(はめ殺し)+排煙窓
・設置場所/リビング吹抜け上部
連段窓2
基本的に、住宅は200㎡以上の床面積になると『排煙計算』が必要です。
ここでは詳しく説明しませんが、それをクリアーするために、FIX(はめ殺し)の連窓と排煙窓の連窓を断窓にして製作しました。
こちらのプロジェクトの構造は木造になります。

 

・形状/両開きテラスドア+FIX(はめ殺し)
・設置場所/リビング吹抜け部
連段窓3
1階リビングから2階天井までの吹抜け空間に設置した高さ約5100mm(5.1m)ある大開口サッシです。
全開口になる両開きテラスドア、その上にFIX(はめ殺し)の連窓を段窓にして製作しました。
こちらも建物の構造がRC造でしたので、上の写真のように思いっきり高さをとった窓を設置することが可能となりました。

 

【まとめ】
『連段窓』にすると、いろいろな形状で大開口サッシがつくれることが、お分り頂けたと思います。

更に、それを設置した空間は、一般的な窓がついた空間と比べると、全く違う印象を受けたのではないでしょうか!?

コストはある程度かかりますが、自分自身が『ここは!』と思う空間に設置すると、すばらしい空間になることは間違いありません。

とてもオススメですーー!!

 

【関連】特注サッシ『段窓(だんそう)』の実例
【関連】特注サッシ『連窓(れんそう)』の実例
【関連】『特注サッシ』おさえておきたい3つの形状
【関連】『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!
【関連】アルミサッシを比較してみた! 開けると開放感のある『ビューアート』、閉めると美しい『ワイドウィン』

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. サッシ&玄関ドア

    ガラスを検討する上で、覚えておいて損はない『4種類』

    皆さんは住宅で使用する『ガラス』について、『どのような種類や使い方があ…

  2. サッシ&玄関ドア

    住宅で洗練された感を演出する『サッシ廻りのデザインテクニックー3つのポイント!』

    ここでは、私が窓廻りの設計をする時に、よく使うテクニックについて説明を…

  3. サッシ&玄関ドア

    シンプルで洗練されたエントランスに見える『玄関ドア』とは!?

    例えば『高級マンションのエントランス』のような、シンプルで洗練された印…

  4. サッシ&玄関ドア

    『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!

    アルミサッシの色を決める時、皆さんは外観のことばかり考えていませんか!…

  5. サッシ&玄関ドア

    特注サッシ『段窓(だんそう)』の実例

    『サッシをひと工夫して、かっこ良い空間をつくりたい!』思っている人は多…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 打合項目の詳細解説

    14 アクセサリー&その他
  2. プランニングのテクニック

    二世帯住宅で『付かず離れず』の『玄関』をつくるプランニングテクニック!
  3. 打合項目の詳細解説

    チェックリスト 1/6
  4. Mac関係

    Macが『カーネルパニック』になったら必ずやるべきこと!
  5. 中庭

    『中庭』の考え方/3つのパターン ー その2『エントランス兼用の中庭』
PAGE TOP