住まいづくりのヒント

『特注サッシ』おさえておきたい3つの形状

唯一無二の洗練された住空間をつくるには『特注サッシ』を設置することです。

つまり、決まった形状・決まった寸法のサッシを設置するのではなく、その空間をより引き立てる形状や寸法でサッシをつくり設置するということです。

ほんのちょっとの工夫で、全く違った空間になります。詳しく解説していきましょう。

 

スポンサードリンク


 

皆さんは『住宅に設置するサッシは、決まった形状・寸法のものしかない!』と思っていませんか?

でも、決してそんなことはありません。サッシは、自分の希望する形状や寸法でつくることができます。

自由に『縦・横の寸法』を指定して、いろいろな形状を組合わせると、カタログには無い『特注サッシ』をつくることができるのです。

どこのサッシメーカーでも、それは同じようにつくることができます。

実際に私が設計している建物でも『ここは!』という空間には、寸法を指定して組合わせて『特注サッシ』を設置しています。

『特注サッシ』には、大きく分けると3つの形状にわかれます。

1) 連窓 (れんそう)
2) 段窓 (だんそう)
3) 連段窓 (れんだんそう)

この3つの形状を図にするとこうです。

 

特注サッシ

 

ここで押さえておくべきポイントは、図にも書いてありますが『縦桟・横桟の幅』です。

・縦桟は70mm(7cm)
・横桟は100mm(10cm)

『桟』は、この幅が必要になることを押さえておきましょう。

最後はコストについてですが、『特注サッシ』と聞くと高そうに感じるかもしれません。でも実際には、1.2倍〜1.5倍程度のアップです。

このくらいの金額で洗練された空間をつくることができるのであれば、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。

 

【まとめ】
洗練された住宅やマンションと一般的な建物を比較してみると、その大きな違いは何と言ってもサッシ形状です。

だから『ここは!』と思う空間に設置するサッシは工夫するべきでしょう。必ず洗練された空間に変わります。

是非、やってみてくださいーー!!

『連窓・段窓・連段窓』については、次回以降で実例を紹介しながら解説したいと思います。

 

【関連】特注サッシ『連窓(れんそう)』の実例
【関連】特注サッシ『段窓(だんそう)』の実例
【関連】特注サッシ『連段窓(れんだんそう)』の実例

【関連】『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!
【関連】アルミサッシを比較してみた! 開けると開放感のある『ビューアート』、閉めると美しい『ワイドウィン』
【関連】ガラスを検討する上で、覚えておいて損はない『4種類』
【関連】住宅で洗練された感を演出する『サッシ廻りのデザインテクニックー3つのポイント!』

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 住まいづくりのヒント

    冬になると窓に発生する『結露』ーーそれを抑える方法とは!?

    <TV後ろに貼ったエコカラット>新築でもリフォームでも、窓ガラスや…

  2. 住まいづくりのヒント

    『日影規制』とは、何ですか?

     一般的に、2階建ての住宅を建築する場合は問題になりませんが、3階建て…

  3. 住まいづくりのヒント

    『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!

    敷地を購入する時には、敬遠されがちな『変形敷地』。でも、その変…

  4. 住まいづくりのヒント

    唯一無二の『自分だけの家』をつくる方法‥‥自分の趣味や世界観を意識すること

    □完成した家とは、積み重ねた『決断』の結果唯一無二の『自分だけの家…

  5. 住まいづくりのヒント

    特注サッシ『連窓(れんそう)』の実例

    『サッシをひと工夫して、かっこ良い空間をつくりたい!』思っている人は多…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 住まいづくりのヒント

    『特注サッシ』おさえておきたい3つの形状
  2. エッセイ

    B【社会人〜独立】編 ー Vol.03 住宅メーカーを辞めて設計事務所に入社する…
  3. おもしろ記事リンク

    家を買うということは、勉強しなければいけないということ。
  4. プロジェクトの裏側から

    お客様と設計者『両方に大きなメリット』がある土地探し
  5. 趣味・遊び

    年末年始の休暇に入ったので、大型アウトレット店に行って『シャツ』を買ってみたーー…
PAGE TOP