住まいづくり アイディア

オレフィンシート&ダイノックフィルム|その違いとは!?

 同じシート系の仕上げ材でも全く異なる材料の『オレフィンシート』と『ダイノックフィルム』。ここでは、主な違いや具体的な使用方法について、詳しく解説します。

 

1)オレフィンシート
内装専用仕上げ材です。したがって外部には使うことができません。下地は、木質系基材(合板・MDF・パーティクルボードなど)です。

施工方法は、指定した品番を機械でラッピングやラミネートをします。したがって、現場で貼るという施工方法はとれません。主に使う場所は、木製建具の面材・3方枠・ルーバーなどです。

オレフィンシート1オレフィンシート2

よく使っているオレフィンシートのメーカーです。
・日本グラビア | http://www.n-gravure.co.jp

 

2)ダイノックフィルム
屋外でも内装でも使える優れもの商品です。下地となる基材は、木材・ボード・金属・プラスティック・無機系・ガラスなど、ありとあらゆる下地に貼ることができます。

施工方法は、ダイノック専門の職人さんが現場で施工します。裏面がシールになっているので紙を剥がすと貼れるようになっています。使う場所は、垂直面でも水平面でもどこでも大丈夫です。屋外では軒天・玄関ドア、内装では壁・建具の面材・3方枠などです。

ダイノックフィルム1ダイノックフィルム2

ダイノックフィルムのメーカーです。
3M | http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/

また、ダイノックと同じ職人さんが貼る商品が『リアテック』という名称でサンゲツからでています。(※但し外部には使えない)
サンゲツ | https://www.sangetsu.co.jp/newproduct/reatec19/

 

【まとめ】
『オレフィンシート』のメリットは、工場で機械を使ってラッピングをしますのでコストを抑えられます。デメリットとしては、工場の機械でラッピングできる材料に限られることでしょう。

『ダイノックフィルム』のメリットは、現場施工でありとあらゆるものに貼れますので、使い勝手がとても良いです。デメリットとしては、やはり職人さんの手間代がかかるのでコスト的に高くり、また職人さんの技術により仕上りが変わってしまうことです。

いずれにしても、うまく使い分けることで洗練された空間をつくることができます。是非検討してみてはいかがでしょうか!

【関連】ちょっとオシャレな家にしたいなら『軒天』を一工夫しよう!

アルミサッシ色|外観だけではなく同時に内装仕上げの色も考えて決めよう!前のページ

特注サッシ|知っておきたい3つの形状&金額次のページ

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. Special Contents

    『中庭/Patio』実例写真

     自分が家をつくるなら『絶対に中庭空間が欲しい!』と思っている人もいる…

  2. Special Contents

    中庭のメリット【プライバシー】1/4|明るさ

    □プライバシーの確保住宅街に行くと『カーテンやレースが引きっぱなし!…

  3. 住まいづくり アイディア

    間接照明|主寝室に仕込む方法

     主寝室に『間接照明』を仕込む方法は、大きく分けると2つの方法がありま…

  4. 住まいづくり アイディア

    『坪単価とは?』|何を表しているのか詳しく解説

     『坪単価とは?』何を表しているのか一言で言えば、あくまでも『家の値…

  5. 壁紙関係

    トイレ内の『アクセントクロス』|お洒落にするための検討するべき3つのパターン

    壁・天井のクロスで『お洒落なアクセントクロスを使ってみたい‥‥‥!』と…

  6. 住まいづくり アイディア

    家づくり検討している人『あってよかったもの・あるとよいもの』とは!?

     家づくり(注文住宅)を検討している人が『あってよかったも』あるいは『…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 未分類

    『二世帯住宅』を計画していく上での大切な2つのポイントーー!!
  2. 思った事・感じた事・体験した事

    『寝ても取れない疲れ・だるさ』を取る方法とは?
  3. Travel

    桜満開の京都 家族で小旅行
  4. 壁紙関係

    壁の一部に『アクセントクロス・石・タイル』を使って、気持ち良い空間に!!
  5. 住まいづくり アイディア

    天井埋込カーテンBOX|洗練された空間にするための2つのポイント
PAGE TOP