住まいづくり アイディア

オレフィンシート&ダイノックフィルム|その違いとは!?

 同じシート系の仕上げ材でも全く異なる材料の『オレフィンシート』と『ダイノックフィルム』。ここでは、主な違いや具体的な使用方法について、詳しく解説します。

 

1)オレフィンシート
内装専用仕上げ材です。したがって外部には使うことができません。下地は、木質系基材(合板・MDF・パーティクルボードなど)です。

施工方法は、指定した品番を機械でラッピングやラミネートをします。したがって、現場で貼るという施工方法はとれません。主に使う場所は、木製建具の面材・3方枠・ルーバーなどです。

オレフィンシート1オレフィンシート2

よく使っているオレフィンシートのメーカーです。
・日本グラビア | http://www.n-gravure.co.jp

 

2)ダイノックフィルム
屋外でも内装でも使える優れもの商品です。下地となる基材は、木材・ボード・金属・プラスティック・無機系・ガラスなど、ありとあらゆる下地に貼ることができます。

施工方法は、ダイノック専門の職人さんが現場で施工します。裏面がシールになっているので紙を剥がすと貼れるようになっています。使う場所は、垂直面でも水平面でもどこでも大丈夫です。屋外では軒天・玄関ドア、内装では壁・建具の面材・3方枠などです。

ダイノックフィルム1ダイノックフィルム2

ダイノックフィルムのメーカーです。
3M | http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/

また、ダイノックと同じ職人さんが貼る商品が『リアテック』という名称でサンゲツからでています。(※但し外部には使えない)
サンゲツ | https://www.sangetsu.co.jp/newproduct/reatec19/

 

【まとめ】
『オレフィンシート』のメリットは、工場で機械を使ってラッピングをしますのでコストを抑えられます。デメリットとしては、工場の機械でラッピングできる材料に限られることでしょう。

『ダイノックフィルム』のメリットは、現場施工でありとあらゆるものに貼れますので、使い勝手がとても良いです。デメリットとしては、やはり職人さんの手間代がかかるのでコスト的に高くり、また職人さんの技術により仕上りが変わってしまうことです。

いずれにしても、うまく使い分けることで洗練された空間をつくることができます。是非検討してみてはいかがでしょうか!

【関連】ちょっとオシャレな家にしたいなら『軒天』を一工夫しよう!

アルミサッシ色|外観だけではなく同時に内装仕上げの色も考えて決めよう!前のページ

特注サッシ|知っておきたい3つの形状&金額次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    LDK床|全面タイル貼|メリット・デメリットとは!?

     LDK空間の床を全面タイルにすると、まるでここはリゾートホテル!?…

  2. 住まいづくり アイディア

    リゾートホテルライクなプランーリビング・ダイニング・キッチン

    人は『自分自身が一番長く過ごす空間』が快適であれば、その他がどうであれ…

  3. 住まいづくり アイディア

    ちょっとオシャレな家にしたいなら『軒天』を一工夫しよう!

     皆さんは、近所に立っている家の『 軒天(のきてん) 』を見た事があ…

  4. 住まいづくり アイディア

    『解体工事』金額&注意点について

     家の建替えなど、土地を更地にする場合に建物の『解体工事』がでてきます…

  5. 住まいづくり アイディア

    ビルトインガレージ(インナーガレージ)|検討するべき4つのポイント

    家づくりを進めていく上で『車の駐車スペースをどのようにとるか!?』を考…

  6. Special Contents

    中庭のメリット【シックハウス対策】3/4|室内空気環境

    □設備だけでは室内空気環境を新鮮に維持することは不可能『プライバシー…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Apple関係

    iPhone7/ゴールドが手に入ったので、ケースも買ってみたーー!!
  2. 未分類

    注文住宅 打ち合わせのコツ
  3. 壁紙関係

    子供部屋|アクセントクロスの位置|3つの実例から見る貼り分け方法
  4. 思った事・感じた事・体験した事

    50代オヤジ 青春時代が蘇るアニメ『ハイキュー』を見て感動ーー!!
  5. 住まいづくり アイディア

    『解体工事』金額&注意点について
PAGE TOP