アイディア

『オレフィンシート』と『ダイノックフィルム』の違いとは!?

【軒天&玄関ドア 木目調ダイノックフィルム】

 

同じようなシート系の仕上げ材でも全く異なる材料の『オレフィンシート』『ダイノックフィルム』

ここでは、主な違いや具体的な使用方法を詳しく解説をしていいます。

 

スポンサードリンク


 

1)オレフィンシート

内装専用仕上げ材です。したがって外部には使うことができません。

下地は、木質系基材(合板・MDF・パーティクルボードなど)です。

施工方法は、指定した品番を機械でラッピングやラミネートをします。したがって、現場で貼るという施工方法はとれません。

主に使う場所は、木製建具の面材・3方枠・ルーバーなどです。

 

オレフィンシート1

 

オレフィンシート2

 

私がよく使っているオレフィンシートのメーカーです。
・日本グラビア | http://www.n-gravure.co.jp

 

2)ダイノックフィルム

屋外でも内装でも使える優れもの商品です。

下地となる基材は、木材・ボード・金属・プラスティック・無機系・ガラスなど、ありとあらゆる下地に貼ることができます。

施工方法は、ダイノック専門の職人さんが現場で施工します。

裏面がシールになっているので紙を剥がすと貼れるようになっています。

使う場所は、垂直面でも水平面でもどこでも大丈夫です。屋外では軒天・玄関ドア、内装では壁・建具の面材・3方枠などです。

 

ダイノックフィルム1

 

ダイノックフィルム2

 

私がよく使っているダイノックフィルムのメーカーです。
3M | http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/

また、ダイノックと同じ性能の商品が『リアテック』という名称でサンゲツからでています。
サンゲツ | http://www.sangetsu.co.jp/pdfdownload/reatec11/

 

【まとめ】
『オレフィンシート』のメリットは、工場で機械を使ってラッピングをしますので、コストを抑えられます。

デメリットとしては、工場の機械でラッピングできる材料に限られることでしょう。

『ダイノックフィルム』のメリットは、現場施工でありとあらゆるものに貼れますので、使い勝手がとても良いです。

デメリットとしては、やはり職人さんの手間代がかかるのでコスト的に高くり、また職人さんの技術により仕上りが変わってしまうことです。

いずれにしても、うまく使い分けることで洗練された空間をつくることができます。

是非検討してみてはいかがでしょうか!

 

【関連】ちょっとお洒落にしたいなら【 軒天 】に工夫を!

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. アイディア

    木造で『フラットルーフ』をつくる時の注意するべきポイントーー!!

    木造住宅では『寄せ棟』などの三角屋根が一般的だと思いますが、建物をモダ…

  2. アイディア

    『間接照明』ー主寝室に仕込む方法

    主寝室に『間接照明』を仕込む方法は、大きく分けると2つの方法があります…

  3. アイディア

    『天井埋込カーテンBOX』おさえておくべき2つのポイント

    天井を掘込んでつくる『カーテンBOX』について、今まで私がつくってきた…

  4. アイディア

    ブログ読者から頂いた質問『天井埋め込みカーテンボックス』について!

    『家づくり』を進めていくと、いろいろと細かな疑問がでてくると思います。…

  5. アイディア

    窓廻り『三方クロス巻込み』で室内空間をシンプルモダンにーー!!

    『室内空間をシンプルでモダンにしたい…!』と思っている人は多いでしょう…

  6. アイディア

    室内の湿気対策は『エコカラット』で!

    現在の日本の家は、省エネルギー対策をしているので、家の性能面でいえば【…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 打合項目の詳細解説

    13 外構
  2. 制度

    『ZEH(ゼッチ)』とは、なんぞや?
  3. 読書感想文

    成し遂げるまで、自分を信じてやりきる事!
  4. 打合項目の詳細解説

    3 電気&給水設備関係
  5. 階段

    外部階段の『踏面・蹴上』の理想的な寸法とは!?
PAGE TOP