住まいづくり アイディア

木造『フラットルーフ』|天井断熱材の入れ方|注意するべきポイントーー!!

 木造住宅では三角屋根が一般的だと思いますが、建物をモダンに見せるには『フラットルーフ(陸屋根)』が、とても有効です。そこで『フラットルーフ(陸屋根)』をつくる時の『天井断熱材』の入れ方で注意するべきポイントがあります。

結論から先に書くと『外断熱+内断熱(2重断熱)』にすることが大切です。詳しく説明していきましょう。

 一般的な住宅の屋根形状である『寄せ棟』や『切り妻』の『断熱材』の入れ方は、天井裏に敷き込むだけでです。またそれにプラスして『屋根裏空間』も『断熱材』としての機能を果たしています。

しかしながら、フラットルーフはその『屋根裏空間』がありません。三角屋根と同じような天井裏に敷き込む断熱材のみでは性能的な数値は満たしても、夏は非常に暑くなり室内空間の快適性が損なわれます。

だから、快適性を確保するために『外断熱+内断熱(2重断熱)』にすることが、とても大切です。

この内容を図にまとめるとこうなります。フラットルーフ1

ちなみに断熱材の適切な厚みは、建てる地域や防水の工法の関係があるので、具体的にここでは書いませんが、厚ければ暑いほど良いと思います。

 

【まとめ】
 『フラットルーフ』は建物をモダンに見せ、メンテナンス性にも優れ、屋根自体が軽くなることから地震に対しても有利に働くので、非常に優れものです。でも『断熱材』だけは、三角屋根と同じではなく、必ず『外断熱+内断熱(2重断熱)』にしましょう。

これをするのとしないのでは、生活が始まってからの快適性が全然違います。今までの経験から言える大切なポイントですーー!!

外部階段|『踏面・蹴上』|理想的な寸法は!?前のページ

生活を楽しむためのルーフバルコニー|おさえておきたい『2つ』のポイントーー!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    快適な階段にするための『オススメ寸法』とは?

     住宅における『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。人によ…

  2. Special Contents

    『中庭』のパターン|その3『エントランス空間 + 独立した中庭』

    『中庭』をつくる時の考え方、最後の3つ目は『エントランス空間 + 独立…

  3. Special Contents

    『既製品玄関ドア』と『製作玄関ドア』具体的な違いとは?

     例えば、『都内高級マンションのエントランスで使っているような洗練さ…

  4. Special Contents

    『中庭』のパターン|その2『エントランス兼用の中庭』

     『中庭』をつくる時の考え方は、主に3つのパターンに集約されますが、今…

  5. Special Contents

    中庭のメリット【防犯対策】4/4|間取りが分からない

    □窓を見るだけで間取りが想像できる設計のプロである私は、住宅街にある…

  6. Special Contents

    『中庭/Patio』実例写真

     自分が家をつくるなら『絶対に中庭空間が欲しい!』と思っている人もいる…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 思った事・感じた事・体験した事

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像 | ワールド | 最新記事 | ニュ…
  2. Swimming

    『運がいいと言われる人で、体を動かす趣味がない人がいない』運が良くなる時計とは?…
  3. Special Contents

    床から天井までの高さがつくれるアルミサッシ。『窓の開き方』による違いを比較。
  4. 住まいづくり アイディア

    外部階段|『踏面・蹴上』|理想的な寸法は!?
  5. Credit Card

    アメックスでApple Pay、いよいよスタート!
PAGE TOP