住まいづくり アイディア

木造『フラットルーフ』|天井断熱材の入れ方|注意するべきポイントーー!!

 木造住宅では三角屋根が一般的だと思いますが、建物をモダンに見せるには『フラットルーフ(陸屋根)』が、とても有効です。そこで『フラットルーフ(陸屋根)』をつくる時の『天井断熱材』の入れ方で注意するべきポイントがあります。

結論から先に書くと『外断熱+内断熱(2重断熱)』にすることが大切です。詳しく説明していきましょう。

 一般的な住宅の屋根形状である『寄せ棟』や『切り妻』の『断熱材』の入れ方は、天井裏に敷き込むだけでです。またそれにプラスして『屋根裏空間』も『断熱材』としての機能を果たしています。

しかしながら、フラットルーフはその『屋根裏空間』がありません。三角屋根と同じような天井裏に敷き込む断熱材のみでは性能的な数値は満たしても、夏は非常に暑くなり室内空間の快適性が損なわれます。

だから、快適性を確保するために『外断熱+内断熱(2重断熱)』にすることが、とても大切です。

この内容を図にまとめるとこうなります。フラットルーフ1

ちなみに断熱材の適切な厚みは、建てる地域や防水の工法の関係があるので、具体的にここでは書いませんが、厚ければ暑いほど良いと思います。

 

【まとめ】
 『フラットルーフ』は建物をモダンに見せ、メンテナンス性にも優れ、屋根自体が軽くなることから地震に対しても有利に働くので、非常に優れものです。でも『断熱材』だけは、三角屋根と同じではなく、必ず『外断熱+内断熱(2重断熱)』にしましょう。

これをするのとしないのでは、生活が始まってからの快適性が全然違います。今までの経験から言える大切なポイントですーー!!

外部階段|『踏面・蹴上』|理想的な寸法は!?前のページ

生活を楽しむためのルーフバルコニー|おさえておきたい『2つ』のポイントーー!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. Special Contents

    床から天井までの高さがつくれるアルミサッシ。『窓の開き方』による違いを比較。

     一般的な住空間の天井の高さは2400mm(2メートル40センチ)です…

  2. 住まいづくり アイディア

    『間接照明』ー天井埋込カーテンボックスに仕込む方法

     リビングやダイニングに『間接照明をつくりたいな〜!』と思っている人は…

  3. 住まいづくり アイディア

    ちょっとオシャレな家にしたいなら『軒天』を一工夫しよう!

     皆さんは、近所に立っている家の『 軒天(のきてん) 』を見た事があ…

  4. 住まいづくり アイディア

    オレフィンシート&ダイノックフィルム|その違いとは!?

     同じシート系の仕上げ材でも全く異なる材料の『オレフィンシート』と『ダ…

  5. 住まいづくり アイディア

    家の間取り(プラン)一番最初に考えること|順番・コツ

     間取り(プラン)をつくっていく上で一番最初に考えること、それは『方…

  6. 住まいづくり アイディア

    階段手摺|おすすめのデザインについて

     階段手摺をデザインされた手摺りにしたいと思っている人も多いと思います…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Special Contents

    中庭のメリット【プライバシー】1/4|明るさ
  2. Apple関係

    Macが『カーネルパニック』に陥ったら、やるべき『3つ』のこと
  3. Wacth

    Apple Watch 『デジタルクラウン』の位置変更してみた!!
  4. 思った事・感じた事・体験した事

    人生には「幸福のUカーブ」の存在があるという研究に納得!!
  5. 壁紙関係

    子供部屋|アクセントクロスの位置|3つの実例から見る貼り分け方法
PAGE TOP