住まいづくり アイディア

生活を楽しむためのルーフバルコニー|おさえておきたい『2つ』のポイントーー!!

生活を楽しむための仕掛けとして『ルーフバルコニー』をつくる時のおさえておきたいポイント2点。

1)ルーフバルコニーは『横幅』ではなく『奥行き』を優先してつくる。
2)その『奥行き』は、最低2000(2m)確保。

では、詳しく解説していきましょう。

『奥行き』の無いバルコニーは、洗濯物を干したりエアコンの室外機を置いただけで一杯、その他の活用ができません。つまり『横幅』があっても『奥行き』が無いと、バルコニーの使い勝手は限定的で生活を楽しむための仕掛けをつくれません。

でも『奥行き』があれば、どうでしょうか!?

洗濯物を干したりエアコンの室外機があっても、『テーブル・椅子・植栽』を置いて、毎日の生活を楽しむための仕掛けをつくることが可能になります。だから『奥行き』が重要なのです。

具体的には、できたら壁の内々の有効寸法は『2m 確保したい!』です。特に『2階リビング』や『2階浴室&洗面』のプランでは、そこにバルコニーを連続させることが多いと思いますが、『どのくらい奥行きがあるバルコニーを連続させるか?』で出来上がる空間に大きな違いがでてきます。


具体的な事例を紹介。

ルーフバルコニー1
このプロジェクトでは、2階にLDKをもってきました。バルコニーの奥行きを『約2500(2.5m)』でつくり、テーブルや椅子がおけるスペースを確保。リゾートホテルライクな空間になりました。

 

このプロジェクトでは、2階に洗面&浴室をもってきました。バルコニーの奥行きは『約3500(3.5m)』です。気持の良い季節には、お風呂からそのまま出て、デッキチェアーでくつろげます。

ここに上げた事例のように、『横幅』ではなく『奥行き』をとったバルコニーをつくることが大切かお分り頂けたと思います。


【まとめ】
『バルコニーはあまり使わない!』という人の大半は、恐らくバルコニーの『奥行き』がとれていないことが原因です。逆を言えば『奥行き』のあるバルコニーがつくれば必ず使うと思いますよ。それだけで毎日の生活が変わると思います。

だからルーフバルコニーは『奥行き』を優先してつくりましょうーー!!鉄則です。


【関連】ビルトインガレージ(インナーガレージ)|検討するべき4つのポイント

木造『フラットルーフ』|天井断熱材の入れ方|注意するべきポイントーー!!前のページ

アイディアを生み出すために実践している『2つ』のこと。次のページ

ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. Special Contents

    床から天井までの高さがつくれるアルミサッシ。『窓の開き方』による違いを比較。

     一般的な住空間の天井の高さは2400mm(2メートル40センチ)です…

  2. Special Contents

    特注サッシ『連窓(れんそう)』の実例

     『サッシをひと工夫して、かっこ良い空間をつくりたい!』思っている人は…

  3. Special Contents

    『既製品玄関ドア』と『製作玄関ドア』具体的な違いとは?

     例えば、『都内高級マンションのエントランスで使っているような洗練さ…

  4. 壁紙関係

    壁の一部に『アクセントクロス・石・タイル』を使って、気持ち良い空間に!!

     家づくりを進めていく中で、気持ちの良い空間にする方法は、自分が『ここ…

  5. Special Contents

    アルミサッシ色|外観だけではなく同時に内装仕上げの色も考えて決めよう!

    アルミサッシの『色』を決める時、外観のみだけを考えて決めていませんか!…

  6. 住まいづくり アイディア

    快適な階段にするための『オススメ寸法』とは?

     住宅における『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。人によ…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 思った事・感じた事・体験した事

    グーグル、時価1兆ドル到達。
  2. 壁紙関係

    子供部屋|アクセントクロスの位置|3つの実例から見る貼り分け方法
  3. 独立を考えている人へ

    B【社会人〜独立】編 ー Vol.01 設計課から営業課へ転任するまで
  4. 思った事・感じた事・体験した事

    今年、捨てた物で一番良かった物、『TVを見る習慣を捨てました!』です。
  5. 壁紙関係

    天井クロス|色を変えるだけで洒落た空間へ!|おすすめ|オシャレ
PAGE TOP