階段

ストリップ階段の『ササラ』の形状、おさえておきたい『3種類』

ストリップ階段をつくる時の大きなデザイン要素である『ササラ』の形状、それは『3種類』に集約されると言ってよいでしょう。

ここでは、その特徴と具体的な寸法についてお話をします。是非参考にして下さいーー!!

 

スポンサードリンク


 

最初に、ストリップ階段の『ササラ』と言われる部分についてのおさらいです。

『ササラ』とは、階段の段板(踏面)を固定するために、両脇のスチールでつくった物を言います。写真で言えば、白やグレーで塗られた部分のことです。

続いて『3種類』の形状について説明です。

1)ストレートタイプ
特徴は、一番オーソドックスでシンプルな形状です。
モダンな空間に設置することで、非常に美しく見えます。

下の写真のササラは『厚み15mm・幅235mm』でつくっています。
ストリップ階段/ストレート

 

2)イナズマタイプ
特徴は、名前の通りギザギザになっている形状です。
もしかしたらストリップ階段と言えば、このイメージかもしれません。
厚みを厚くして幅を細くするほど繊細でモダンな雰囲気になります。

下の写真のササラは『厚み15mm・幅100』でつくっています。
ストリップ階段/イナズマ

 

3)イナズマ&ストレートタイプ
特徴は、下の部分がストレートになっていることです。
イナズマ形状は、小さなお子様が頭をぶつけてけがをする可能性がありますが、ストレート形状にすることで、安全性を高めています。

下の写真のササラは『厚み12mm・幅240』でつくっています。
ストリップ階段/ストレート&イナズマ

 

最後にコストについてですが、基本的にどの形状でつくっても金額は変わらないと思います。

あえて言うのであれば、加工手間がかかる2番が少しだけ高いかもしれません。

【まとめ】
ササラの形状は、基本的にこの3種類を押さえて検討しましょう。

更に『厚みを厚くすると幅を細くすることができる』ので、それにより表現を変えていくことが可能です。

『どのようなデザインが良いのか!?』悩むと思いますが、どのタイプでもそれなりにかっこ良く見えますので、自分の『好き・嫌い』で選択しても失敗はないと思いますーー!!

【関連】『ストリップ階段』をつくる時の大切なポイントーー!!
【関連】快適に生活できる階段をつくるテクニック『オススメの寸法とは?』

スポンサードリンク


関連記事

  1. 階段

    『ストリップ階段』をつくる時の大切なポイントーー!!

    住宅の階段を一般的な壁で囲われた階段ではなく「デザインされた『ストッリ…

  2. 階段

    『階段手摺』設置とデザインについて

    階段手摺は『どの位置に・どの高さで、設置するのがよいのか?』悩まれてい…

  3. 階段

    快適に生活できる階段をつくるテクニック『オススメの寸法とは?』

    住宅の『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。急な階…

  4. 階段

    外部階段の『踏面・蹴上』の理想的な寸法とは!?

    敷地と道路に高低差がある場合は、玄関へアプローチするために『外部階段』…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    唯一無二の『自分だけの家』をつくる方法‥‥自分の趣味や世界観を意識すること
  2. 制度

    『ZEH(ゼッチ)』とは、なんぞや?
  3. プロジェクトの裏側から

    置かれた状況や物事を前向きにとらえる!
  4. 打合項目の詳細解説

    チェックリスト 5/6
  5. プランニングのテクニック

    『ビルトインガレージ』をつくる時の『注意するべき4つのポイント』
PAGE TOP