サッシ&玄関ドア

アルミサッシを比較してみた! 開けると開放感のある『ビューアート』、閉めると美しい『ワイドウィン』

『天井が高い家が欲しい!』と思っている人は多いと思います。一説によると『天井の高い空間にいる人間は、低い空間にいる人間よりも物事を論理的にみれる』そうですーー!!

一般的な住空間の天井の高さは2400mm(2メートル40センチ)ですが、そこを2700mm(2メートル70センチ)でつくれば、かなり高さを感じると思います。

更に、床から天井までの高さでつくれるアルミサッシ(=2700mm)を設置すると、天井の高さをより生かすことができるでしょうーー!!

既製品でそのようなアルミサッシを設置しよう思ったら下記のシリーズです。

立山三協アルミの『ビューアート』
リクシルの『ワイドウィン』

この2つのシリーズの比較をしたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

>> 見た目の印象

どちらもディテールにこだわっています。
枠をスリムにしているので、見た目の美しさがあります。

>> 性能

詳しい性能はリンクから見て頂ければと思いますが『断熱性』や『水密性』は同等です。
どちらを使用しても全く問題無いでしょう。

>> では、一番の違いは!?

例えばサッシの開口の幅を3500mm(3メートル50センチ)でつくったとします。
その時の『開き方の違い』です。

下の図を参考にするとわかりやすいと思います。

サッシ2700

 

『ビューアート』は、中の2枚を引き分けることができます。
つまり、外側2枚はFIX(はめ殺し)です。

『ワイドウィン』はその逆で、外側の2枚が内側に引込まれます。
つまり、内側がFIX(はめ殺し)です。

この違いは『何を優先するか!?』です。

つまり、こういうことです。

・窓を開けた時は、中の2枚が開く『ビューアート』の方が開放感がでる。
・窓を閉めている時は、中のFIXが1枚になっている『ワイドウィン』の方が、縦桟が無いので見た目がスッキリとして美しい。

【まとめ】
私がいつも使っているのは、立山三協アルミの『ビューアート』です。

その理由は『窓を開けた時の開放感を優先しているから!』です。

閉めている時を優先するなら『ワイドウィン』でしょう。

『どのように使うのか!?』をよく想像して決断を下すことが大切です。

【関連】住宅で洗練された感を演出する『サッシ廻りのデザインテクニックー3つのポイント!』
【関連】2 金属建具

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. サッシ&玄関ドア

    住宅で洗練された感を演出する『サッシ廻りのデザインテクニックー3つのポイント!』

    ここでは、私が窓廻りの設計をする時に、よく使うテクニックについて説明を…

  2. サッシ&玄関ドア

    『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!

    アルミサッシの色を決める時、皆さんは外観のことばかり考えていませんか!…

  3. サッシ&玄関ドア

    『特注サッシ』おさえておきたい3つの形状

    唯一無二の洗練された住空間をつくるには『特注サッシ』を設置することです…

  4. サッシ&玄関ドア

    特注サッシ『段窓(だんそう)』の実例

    『サッシをひと工夫して、かっこ良い空間をつくりたい!』思っている人は多…

  5. サッシ&玄関ドア

    ガラスを検討する上で、覚えておいて損はない『4種類』

    皆さんは住宅で使用する『ガラス』について、『どのような種類や使い方があ…

  6. サッシ&玄関ドア

    シンプルで洗練されたエントランスに見える『玄関ドア』とは!?

    例えば『高級マンションのエントランス』のような、シンプルで洗練された印…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. アイディア

    木造で『フラットルーフ』をつくる時の注意するべきポイントーー!!
  2. サッシ&玄関ドア

    『サッシ色』を決める時に覚えておいてほしい1つのこと!
  3. 日々感じたこと・体験したこと

    動画配信サービス『結局どれがいいの!?』
  4. アイディア

    ちょっとお洒落にしたいなら【 軒天 】に工夫を!
  5. 中庭

    中庭4つのメリットー4/4 防犯対策への有効な手段
PAGE TOP