プランニングのテクニック

二世帯住宅で『付かず離れず』の『玄関』をつくるプランニングテクニック!

『二世帯住宅』では、外から家の中に入る場合『各々の世帯の玄関ドアから直接入る』のが一般的です。でも、それだとあまりに普通なので、もう少し工夫するべきでしょう!

例えば『共用の玄関ドア → 共用スペース → 各々の世帯の玄関ドア』というように、玄関ドアをニ回開けるプランにしてはいかがでしょうか!?

つまりマンションのような形態ですーー!!

 

スポンサードリンク


 

その主な理由は、下記の3つです。
・『共用スペース』をつくると、その家に『邸宅感』や『高級感』がでる。
・玄関ドアが2つになるので防犯上も優れている。
・各々の玄関ドアは『共用スペース』に面しているので、外から直接家の中を覗かれることはない。

更に具体的なプランニングのテクニックとして『共用スペース』を『中庭』としてつくります。
・一つ目玄関ドア(共用) → 中庭(共用スペース) → 二つ目玄関ドア(各々の世帯用)

これをプランで表現すると、下図のようになります。

izumi_plan

 

そして、実際に出来上がったものが、下の写真です。

izumi02

 

いかがでしょうか!?

共用の玄関ドアを開けると、このような雰囲気の『中庭空間』が広がっているのも悪くないと思いますーー!!

【まとめ】
二世帯住宅では、どちらの世帯にとってもストレスの無い生活を送れるような仕掛けが必要です。
それには『付かず離れず』という『距離感の演出』が大切です。
その方法の一つが、今回ご紹介した考え方です。
二世帯住宅を検討している方は、是非取り入れてみてはいかがでしょうか!?

 

【関連】東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくるための方法とは!?
【関連】『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!
【関連】プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』

 

スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. プランニングのテクニック

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法は、『家の…

  2. プランニングのテクニック

    私がプランをつくる時に意識している『2つ』のこと!

    私は、お客様へ提案するためのプランを考える時に意識していることがありま…

  3. プランニングのテクニック

    東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくるための方法とは!?

    東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくる…

  4. プランニングのテクニック

    プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』

    プランを作成する上で一番大切なことは『計画敷地の中に、どの部屋を、どの…

  5. プランニングのテクニック

    『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!

    敷地を購入する時には、敬遠されがちな『変形敷地』。でも、その変…

  6. プランニングのテクニック

    「心地よい『家』にするためのプランの考え方とは?」この業界で30年弱の経験から考察。

    「心地よい『家』にするためのプランの考え方とは?」という問いに対して…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プランニングのテクニック

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法
  2. 思った事・感じた事・体験した事

    自分の体の『健康管理』は、自分自身でしっかりやる時代。
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    中学生からイグサ「臭い」の声 日本の畳文化は消滅してしまうのか… (産経新聞) …
  4. Apple関係

    Appleは、人工衛星を開発しているらしい!?
  5. Swimming

    私の究極のストレス解消法とは…?
PAGE TOP