プランニングのテクニック

東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくるための方法とは!?

東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくるための方法は、『中庭型プラン』にすることです。

その一番の理由は、『中庭』が南側隣家を隔てるための『空間』となり、視線を遮りながらも光を呼びこむことができるからです。

 

スポンサードリンク


 

皆さんが土地を買う時には『東西方向よりも南北方向に奥行きが取れている敷地が欲しい!?』と考えていませんか!?

その理由は下記の通りだと思います。

・東西方向に細長い敷地だと、南側にある隣家との距離が近くなり、プライバシーの確保や光を呼びこむのが難しい。

・南北方向に奥行きが取れた敷地だと、南側にある隣家との確保できるので、プライバシーの確保や光を呼びこむことができるから。

プランA

 

でも、私は決してそんなことはないと思います。

南北方向に奥行きのある敷地でも、実際には庭の奥行きを最低6mくらい取らないと、プライバシーを確保するのが難しいと思います。

それだけ奥行きが取れる土地は、かなりの坪数となりあまり現実的ではないでしょう。

しかしながら、東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』は、十分つくることができます。

その方法が『中庭型プラン』にすることなのです。

今回ご紹介するプロジェクトでは、まさにそれを実践した家となりました。

プランB

プランC

 

【まとめ】
不利な状況にある敷地でも、その問題は『プランで解決できる』と、私は考えています。

したがって、満足のいく家をつくるには『時間の許す限りプランを練る上げる』ということが、本当に大切だと思います。

【関連】『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!
【関連】プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』
【関連】プランニングは『方位』が非常に大切ーー!!

 

スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. プランニングのテクニック

    木造住宅の基本的な『寸法』の考え方!

    木造住宅を設計する時の基本となる寸法は、従来からある尺モジュール(91…

  2. プランニングのテクニック

    「心地よい『家』にするためのプランの考え方とは?」この業界で30年弱の経験から考察。

    「心地よい『家』にするためのプランの考え方とは?」という問いに対して…

  3. プランニングのテクニック

    『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!

    敷地を購入する時には、敬遠されがちな『変形敷地』。でも、その変…

  4. プランニングのテクニック

    プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』

    プランを作成する上で一番大切なことは『計画敷地の中に、どの部屋を、どの…

  5. プランニングのテクニック

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法は、『家の…

  6. プランニングのテクニック

    『ビルトインガレージ』をつくる時の『注意するべき4つのポイント』

    家づくりを進めていく上で『車の駐車スペースをどのようにとるか!?』を考…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 思った事・感じた事・体験した事

    プレミアムな浴槽『ソファーのようなバスタブ』
  2. よくある質問

    【契約〜お引渡しまで】の具体的な流れ
  3. プロジェクトの裏側から

    判断基準は『後で後悔しないか?』
  4. Apple関係

    『TOZOのiPhoneケース』は、まるでケースをつけていないのでは…と思えるよ…
  5. よくある質問

    注文住宅を検討している人が気になる資金繰り。『頭金なしでも建てられますか?』
PAGE TOP