住まいづくり アイディア

東西に細長い敷地でも最高の家をつくる方法|プライバシー・日当たり・開放的な空間

 東西に細長い敷地では、南北の奥行きが少ないので『プライバシーが守られた明るく開放的な家』をつくるのは難しいと思っていませんか?

決してそんなことはありません。『中庭型の間取り(プラン)』にすれば実現可能です。『中庭』が南側隣家を隔てるための『空間』となり、視線を遮りながらも光を呼びこむことができるからです。

詳しく解説していきましょう。

 

 皆さんが土地を買う時には『東西方向よりも南北方向に奥行きが取れている敷地が欲しい』と考えていませんか!?

その理由は下記の通りだと思います。
・東西方向に細長い敷地は、南北の奥行きが少ないため南側隣家との距離が近くなり、プライバシーの確保が難しい。
・南北方向に奥行きが取れた敷地では、南側に庭がとれるので光を呼びこむことができる。

プランA

…その考えは間違いではないですが、考え方次第だと思います。

例え南北方向に奥行きのある敷地でも、実際は庭の奥行きを最低6mくらい取らないと、プライバシーを確保するのが難しいでしょう。それだけ奥行きが取れる土地は、大きな面積が必要となってきます。また予算面も含めそもそもそんな大型区画が販売されているか?という問題もあるでしょう。

 東西に細長い敷地でも『プライバシーが守られた明るく開放的な家』は、問題無くつくることができたらどうでしょう。敷地選択の幅が広がると思いませんか?その方法は『中庭型の間取り(プラン)』にすることです。

下のコンセプト図をじっくり見ていただくとわかると思います。プランB

そしてそのコンセプトを実現した実際の家の写真です。プランC

【まとめ】
 不利な状況と思われる敷地でも、考え方次第で問題を解決することができます。したがって、満足のいく家をつくるには『時間の許す限り間取り(プラン)を練る上げる』ことが大切だと思います。

【関連】『変形敷地』でも最高の間取りをつくる方法
【関連】自分の家の『間取り(プラン)』を作成する上で最も大切なことは?
【関連】家の間取り(プラン)一番最初に考えること|順番・コツ

壁の一部に『アクセントクロス・石・タイル』を使って、気持ち良い空間に!!前のページ

A【〜プロローグ〜】 独立して設計事務所を立ち上げようと思っている人へ次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    快適な階段にするための『オススメ寸法』とは?

     住宅における『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。人によ…

  2. 住まいづくり アイディア

    『間接照明』ー天井埋込カーテンボックスに仕込む方法

     リビングやダイニングに『間接照明をつくりたいな〜!』と思っている人は…

  3. 住まいづくり アイディア

    天井埋込カーテンBOX|洗練された空間にするための2つのポイント

     天井を掘込んでつくる『カーテンBOX』について、極力下記2つのポイン…

  4. 住まいづくり アイディア

    『変形敷地』でも最高の間取りをつくる方法

    一般的に間取りは、敷地に対しての基準ラインを決めて作成します。例えば整…

  5. 住まいづくり アイディア

    戸建て住宅で『防犯対策』した間取りにする方法とは!?

    家を建てる時に気になる『防犯対策』。それの最も有効な方法とは、結論から…

  6. 住まいづくり アイディア

    家づくり検討している人『あってよかったもの・あるとよいもの』とは!?

     家づくり(注文住宅)を検討している人が『あってよかったも』あるいは『…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Credit Card

    アメックスでApple Pay、いよいよスタート!
  2. Apple関係

    Macが『繰り返しカーネルパニック』をおこすようになってきたら…
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    「睡眠は短くても深ければOK」のウソ |National Geographic
  4. 住まいづくり アイディア

    東西に細長い敷地でも最高の家をつくる方法|プライバシー・日当たり・開放的な空間
  5. 住まいづくり アイディア

    オレフィンシート&ダイノックフィルム|その違いとは!?
PAGE TOP