プランニングのテクニック

『家事が効率的にできる家』をつくる具体的なテクニックとは!?

『家事が効率的にできる家』をつくる方法は、いつも行う順番を書き出し、それをプランに反映させることでしょう。

だから、その動作をよく思い出して打合せに望むことが大切です。

 

スポンサードリンク


 

家事は、人によりやり方がかなり違います。

それにも関わらずプランの打合せでは、部屋の大きさや水廻りの位置を考えるだけで精一杯となり、家事については一般的な考え方で終わりにしているのが現実でしょう。

でも、もう少し踏み込んで考えるだけで『家事が効率的にできる家』をつくる事ができます。

それを実現するための具体的な方法について、今回ご紹介するプロジェクトで使ったテクニックをご紹介します

まずは『家族の動線』『奥様の家事動線』を具体的に書き出します。

1)家族の動線
・外から帰ってきた時の動作
上着を脱ぐ(ウォークインクローゼット) → 手を洗う(洗面所)

・お風呂に入る時の動作
洋服を脱ぐ(脱衣室) → お風呂に入る(浴室) → 着替(脱衣室) → 歯を磨く(洗面所) → 上着を羽織る(ウォークインクローゼット) → 寝る(主寝室)

2)奥様の動線
・家事をする時の動作
洗濯する(脱衣室) → アイロンをかける(洗面所) → 洋服をしまう(ウォークインクローゼット)

普段の生活で考えられる『動線』を2つに分け、その『動作(部屋)』を書き出しました。

これをベースに検討した結果、下の絵のようなプランとなりました。

watanabe

 

じっくり見て頂くと、『動線』と『動作(部屋)』が全て網羅され、効率的に家事ができるプランになっているのがわかると思います。

【まとめ】
家は、一度建てたら何十年と住むことになります。

たったこれだけの検討をするだけでも、やるのとやらないのでは、最終的に出来上がる建物に大きな違いがでてきます。

だからこそ、後悔のないよう出来る限りプランの検討を重ねることが大切です。

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. プランニングのテクニック

    『共働き夫婦』が気にする戸建住宅の『防犯性』を高めるプランとは!?

    『共働き夫婦』が家を建てる時に最も気になる『防犯性』。それを高めるため…

  2. プランニングのテクニック

    『変形敷地』でも、最高のプランをつくるためのテクニックーー!!

    敷地を購入する時には、敬遠されがちな『変形敷地』。でも、その変…

  3. プランニングのテクニック

    プランの要望『 これだけは、譲れない! 』

    家づくりにおいて、最も重要な部分となる家のプラン・・・その【 要望 】…

  4. プランニングのテクニック

    プランニングは『方位』が非常に大切ーー!!

    『自分の家のプランを自分でつくれたら楽しいだろうな〜!』と思ったことは…

  5. プランニングのテクニック

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法

    『いつまでも新鮮な気持で住み続けられる家』をつくる唯一の方法は、『家の…

  6. プランニングのテクニック

    プランをつくろうと思ったら、覚えておいて損は無い『ゾーニングの考え方』

    プランを作成する上で一番大切なことは『計画敷地の中に、どの部屋を、どの…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. アイディア

    室内の湿気対策は『エコカラット』で!
  2. プランニングのテクニック

    プランの要望『 これだけは、譲れない! 』
  3. 打合項目の詳細解説

    1 外部関係
  4. よくある質問

    『解体工事』金額&注意点について
  5. 日々感じたこと・体験したこと

    私を虐待をしてきた両親に対して、今思っていること。。。
PAGE TOP