階段

快適に生活できる階段をつくるテクニック『オススメの寸法とは?』

住宅の『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。

急な階段・緩やかな階段など‥‥‥感じ方は人によって違いますが、私が今まで実際につくってきた経験から『オススメの寸法』についてお話をさせて頂きます。

 

スポンサードリンク


 

はじめに、階段にでてくる専門用語の説明です。

覚える言葉は『3つ』
・踏面(ふみづら)
・蹴上げ(けあげ)
・蹴込み(けこみ)

なじみがない言葉なので『どこを言っているの!?』だと思いますが、下の絵を見てください。(※法律で決まっている最低限の寸法も書いておきます。)

階段1

 

続いて、上記3つの私の『オススメの寸法』を書きます。

・踏面 25cm以上
・蹴上げ 20cm以下
・蹴込み 2cm

この寸法は、今までの私の経験からでてきたものですが、階段に使う面積・傾斜・使い勝手を総合的に考えると、このあたりの寸法がとてもバランスが良いと感じます。

階段2

 

 

最後に、どの本か忘れましたが‥‥‥私が尊敬する世界的建築家 安藤忠雄先生が書いた本の中で階段の寸法について言っていたことです。

“階段の寸法は『2R+T=630』でつくっている”
Rは蹴上げ・Tは踏面

この計算式に当てはめると、私の『オススメの寸法』は少だけし外れてしまうのですが‥‥‥!(笑

【まとめ】

例えば、緩やかな階段は使い勝手も良く高級感もでます!

でも『踏面』が広くなり『蹴上げ』が小さくなると『段数』が増え、平面的にとても『面積』を使うことになります。

だから、家の大きさに見合った階段の大きさ、つまり『バランス』を考えることが大切です。

そのバランスをとる方法は、『オススメの寸法』から『踏面・蹴上げ・段数』と平面上で使う階段の『面積』を同時に考え検討することでしょう。

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 階段

    外部階段の『踏面・蹴上』の理想的な寸法とは!?

    敷地と道路に高低差がある場合は、玄関へアプローチするために『外部階段』…

  2. 階段

    『ストリップ階段』をつくる時の大切なポイントーー!!

    住宅の階段を一般的な壁で囲われた階段ではなく「デザインされた『ストッリ…

  3. 階段

    ストリップ階段の『ササラ』の形状、おさえておきたい『3種類』

    ストリップ階段をつくる時の大きなデザイン要素である『ササラ』の形状、そ…

  4. 階段

    『階段手摺』設置とデザインについて

    階段手摺は『どの位置に・どの高さで、設置するのがよいのか?』悩まれてい…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. おもしろ記事リンク

    ただでも売れない郊外住宅/純丘曜彰 教授博士 | キャリア | マイナビニュース…
  2. 打合項目の詳細解説

    14 アクセサリー&その他
  3. 打合項目の詳細解説

    2 金属建具
  4. プロジェクトの裏側から

    同じような趣味で、そこにセンスを感じる設計者を探す!
  5. よくある質問

    家づくりの『方式の違い』とは!? 住宅メーカー(工務店) vs 建築設計事務所
PAGE TOP