住まいづくり アイディア

快適な階段にするための『オススメ寸法』とは?

 住宅における『室内階段』は、毎日使うのでとても大切な部位です。
人により『急な階段・緩やかな階段』の感じ方は違いますが、今まで実際につくってきた経験から、快適な階段にするための『オススメの寸法』について書いておきますので、是非参考にしてください。

結論から先に書くと下記の寸法です。
———————————-
・踏面 25cm以上
・蹴上げ 20cm以下
・蹴込み 2cm
———————————-

 

 上記で書いた寸法は、階段に使う面積・傾斜・使い勝手を総合的に考えた結果です。

最初に、階段で覚える言葉は『3つ』です。
・踏面(ふみづら)
・蹴上げ(けあげ)
・蹴込み(けこみ)

この言葉がどこを指しているのか?下の絵を見てください。
(※法律で決まっている最低限の寸法も書いておきます。)

階段1

最初の結論に書いた通り、この3つを下記寸法にするのがオススメです。
———————————-
・踏面 25cm以上
・蹴上げ 20cm以下
・蹴込み 2cm 
———————————-
※下図も参照してください。

階段2

  但し考慮すべき点もあります。緩やかな階段は、使い勝手が良く高級感もでますが、『段数』が増えるので『階段で使う面積』が大きくなります。だから家の大きさ(延坪数)に見合った『バランス』を考えて計画することが大切です。

【まとめ】
 最後に、どの本か忘れましたが、文化勲章をもらった世界的建築家|安藤忠雄さんが書いた本の中で、階段寸法について言っていたことを下記に書いておきます。
———————————-
“階段の寸法は『2R+T=630』でつくっている”
Rは蹴上げ・Tは踏面
———————————-
この計算式に当てはめると、私の『オススメの寸法』は少だけし外れてしまうのですが‥‥‥!(笑

自分の家の『間取り(プラン)』を作成する上で最も大切なことは?前のページ

『変形敷地』でも最高の間取りをつくる方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    窓廻り『三方クロス巻込み』で室内空間をシンプルモダンに!

     『室内空間をシンプルでモダンにしたい…!』と思っている人は多いでしょ…

  2. Special Contents

    『中庭』のパターン|その1『独立した中庭』

     『中庭型プランの家』は、主に3つのパターンに集約されます。今回は、…

  3. 住まいづくり アイディア

    ストリップ階段|『ささら桁』形状|オススメの『3種類』

     ストリップ階段をつくる時のデザイン要素である『ささら桁』形状。オスス…

  4. 住まいづくり アイディア

    オレフィンシート&ダイノックフィルム|その違いとは!?

     同じシート系の仕上げ材でも全く異なる材料の『オレフィンシート』と『ダ…

  5. 住まいづくり アイディア

    注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』

     結論から言うと、契約後から着工までの『約3ヶ月間』が、打合せ期間とな…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 未分類

    『人とは違う自分だけの家を建てたいーー!』 と言う人のためのオススメ建築本の特集…
  2. Special Contents

    床から天井までの高さがつくれるアルミサッシ。『窓の開き方』による違いを比較。
  3. 思った事・感じた事・体験した事

    EUが充電規格を統一するらしい!?
  4. 未分類

    11月のPV数結果について
  5. Wacth

    今年買った物の中で、一番良かった物
PAGE TOP