Special Contents

開放感のある家|アルミサッシで考えるべき3つのポイント

 開放感のある家をつくるためには、アルミサッシの形状や取り付け方を工夫する必要があります。ここでは『3つのポイント』を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

海のそばに建築する別荘やプライバシーが守られた高台につくる家などには、もってこいのテクニックだと思います。

 

【1つ目のポイント】
 最初のポイントは『サッシの高さを天井一杯の2.4mつくること』です。<※下図右上参照>
住宅のサッシの高さは、一般的に2mでつくります。住宅の天井高は2.4mでつくることが多いので窓の上に『壁』が残ります。<※下図左上参照>
その壁はカーテンレールをつけるには良いのですが、デザイン的には洗練された感はありません。

でもサッシの高さを天井一杯の2.4mにして『壁』を無くしてみましょう。<※下図右上参照>
こうするだけで普通の家とは違った洗練された感じが演出できます。コスト的にもさほどかからず構造的にも問題無くつくれるので、非常にお薦めの手法です。

窓廻りのテクニック

【2つ目のポイント】
 続いてのポイントは『天井にサッシを食い込ませる』です。<※上図右下参照>
断面的には天井の一部を折り上げカーテンボックスとしても利用できるようにつくります。部屋の内側からサッシを見ると、天井の中にサッシが食い込んでいるように見えるので、空を近くに感じられ開放的な空間になります。
但し、構造とサッシついて考慮しなければいけない部分もでてきます。こちらもお薦めです。

【3つ目のポイント】
 最後のポイントは、2つ目のポイントにプラスして『両サイドの壁を無くし全てサッシにする』です。<※上図左下参照>
建築構造面・サッシ製作範囲・ガラス強度など、いろいろなことを考慮し設計する必要がでてきます。コスト面も含め非常に難易度が高くなってきますが、これがつくれればモダンで洗練された高級感のある空間になることは間違いないでしょうーー!!

【まとめ】
 サッシは、建築において非常に奥の深い要素です。
ただ、そこに窓を付けるだけではなく、もう一歩踏み込んで考え設置するだけで、非常に洗練された空間となりますよーー!!
是非、チャレンジしてみてください。

家の間取り(プラン)一番最初に考えること|順番・コツ前のページ

自分の家の『間取り(プラン)』を作成する上で最も大切なことは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 壁紙関係

    リビング|アクセントクロス|2つのポイント!

     リビングに貼るアクセントクロスのポイントは『2点』です。1)柄や色合…

  2. 住まいづくり アイディア

    リゾートホテルライクなプランー主寝室

    毎日過ごす自分の家が、非日常的で癒されるリゾートホテルのような空間だっ…

  3. 住まいづくり アイディア

    ストリップ階段|設置のポイントと値段

     住宅の階段を一般的な壁で囲われた階段ではなく「デザインされた『ストッ…

  4. Special Contents

    特注サッシ|知っておきたい3つの形状&金額

     洗練された住空間をつくるには『特注サッシ』を設置することです。つまり…

  5. Special Contents

    住宅の窓ガラス|一般的な透明ガラス&曇りガラスの他に覚えてほしい『4種類』

     皆さんは住宅で使用する『ガラス』について、『どのような種類や使い方が…

  6. Special Contents

    近隣からプライバシーを守る『中庭型プラン』

     一戸建て住宅のプランを『中庭型』にする一番のメリットは、結論から先…

最近の記事

ARCHIVES

  1. Wacth

    待ちに待った『Apple Watch Series 5 GPSモデル』を購入。使…
  2. 独立を考えている人へ

    D【衰退期〜廃業】編 ー Vol.01 会社の季節は『秋〜晩秋』ー一リーマンショ…
  3. Wacth

    アップルウォッチ バンド交換
  4. Apple関係

    『MacBook12inchが販売終了に…』寂しさをとっても感じています。。。(…
  5. 住まいづくり アイディア

    注文住宅の打合せ期間『どのくらい必要ですか?』
PAGE TOP