よくある質問

土地を一緒に見て欲しい!そのポイントは?

お客様より『今現在、土地を現在探しているが、この段階で一度相談したい!』というお問合せを頂く事があります。

その主な内容は・・・自分たちの考えている総額予算の中から、おおよそ土地にどのくらいの金額をかけられるか?目安をつけたいので、建物や設計料が、どのくらいかかるのか知りたい!

また、逆に・・・気に入った土地があり、その土地を購入したいが・・・残りの金額で建物が建てられるのか?・・・などです。

この段階で、土地や建物の総額など『予算計画』について、一度詳しくお話をさせて頂くと、お客様自身も安心して先に進めると思います。

『相談は無料』ですので、遠慮無く相談して頂けたらと思いますが・・・・その打合せの中で、よく出るお話があります。

スポンサードリンク


それは・・・『土地購入の決断をする前に、一緒に土地を見て欲しい!』『その土地について、建築の専門家としての意見が欲しい!』・・・などです。

不動産屋さんとは違う『建築のプロとしての第三者的意見が欲しい!』のだと思います。

という事で・・・『一緒に土地を拝見する』というのは、私の好きな事の一つですので、お客様のお役に立てるなら喜んで同行させて頂きます。是非、遠慮無くお申し付け下さいーー!!

そして、今までの経験から・・・お客様が『土地を一緒に見て欲しい!』という場合は、心の中でほぼ『購入』を決めています。

したがって、私が拝見させて頂く場合・・・『その土地に、大きな問題が無いか?』を念頭に置いています。

『大きな問題とは何か・・・?』それは、私が必ず見る『6つのポイント』として、下記にまとめてみました。

1)方位
『その土地に対して方位が悪い、だからこの土地は光が入らない!』という事ではありません。家の中には『どのような状況でも、プランニングにより光を呼びこむ事ができる』ので、そのための『方位』を見るという意味です。ちなみに、いろいろな設計者がいると思いますが・・・私はプランをつくる上で最も大切にしているのが『方位』ですーー!!

2)道路と敷地の高低差
駐車場の位置や玄関アプローチのデザインに大きくかかわってきます。

3)全面道路の幅
あまり狭いと重機が入らないので工事費がかさみますが、広ければ広いで車の通りも多いのでガードマン等も必要にり、コストもかさみます。

4)近隣状況
廻りに家がたっているのか?
雑木林なのか?
今は何も無いが、将来は建物が建ちそうか?
など・・・プランに盛り込んでおく必要があるべき情報を拝見します。

5)境界の杭
きちんと境界杭が入っているか?もし入っていなければ、他に何かわかるものはあるか?建築基準法の制限にかかる可能性があります。

6)インフラ
a.給水の引込み有無
引込みがあれば、問題ありませんが、無ければ道路からの引き込みが必要になります。道路から敷地までの距離や行政により『引込み費用』が変わってきますが・・・最低でも¥50万〜くらはかかると思います。

b.汚水&雑排水のマスの有無
汚水&雑排水とは、トイレや生活排水の事ですが・・・それを流すために、道路下の下水道本管よりつながったマスが、敷地内に設置されているか?の確認です。設置されていれば問題ありませんが、無ければ道路からの引込みが必要です。道路から敷地までの距離や行政により『引込み費用』は変わってきますが・・・最低でも¥50万〜くらはかかると思います。

また、汚水&雑排水を浄化槽を通して流す地域もあります。その場合は『浄化槽を通ったあと放流先があるのか?』の確認となります。放流先とは、例えば敷地と道路の間にあるU字溝などです。またU字溝があったとしても、同意書をとらなければいけない場合もあります。まれに『放流先が無い』と言う場合もあります。その場合は、蒸発散装置というものが必要になります。こちらは¥100万前後かかると思います。

c.ガス
都市ガスorプロパンの確認です。都市ガスの場合は、敷地に引込みが無い場合もありますが、その場合の敷地内までの引込み金額については、ガス会社が負担をしてくれます。

<インフラ>の状況は、その土地により変わり、総額の予算に大きくかかわってきます。『土地値段が相場と比べて安い・・・!?』と感じる場合は、上記の点も気をつけて、みてみましょう。

最終的に土地の購入となる場合・・・不動産屋さんと契約を交わす前には、『重要事項説明』という書面で、きちんと説明をしてくれますので、後から問題になることは通常ありません。安心をして頂いて大丈夫です。

だいたい、このような感じになりますーー!!

その他、TV(ケーブルorアンテナ)や電気の引込みi位置等、細かな部分もありますが、土地を見る場合は『最低限この6つのポイントを押さえれば、間違い無いでしょう!』

最後に、土地を選びは『自分の直感的に気に入るか?』理屈ではない部分となりますが、私は一番大切だと思います。

その上で、上記の『6つのポイント』を生かして頂けたらと思います。

スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…
  2. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!

関連記事

  1. よくある質問

    現地調査の内容とは!?

    土地さえ決まれば、次は『具体的なプランの打合わせだ‥‥!』と思っていま…

  2. よくある質問

    家づくりの『方式の違い』とは!? 住宅メーカー(工務店) vs 建築設計事務所

    皆さんは『建物をつくる方法』には『方式の違い』があることはご存知でした…

  3. よくある質問

    家づくりを成功に導くための最も簡単な秘訣とは?…『どのくらいの期間が必要なのか?』を理解すること

     家づくりを成功させる秘訣は、まずは家の『工期』を理解することです。 …

  4. よくある質問

    【相談〜契約まで】の具体的な流れ

    設計事務所へ設計相談をしてみたいが・・『なんだか、敷居が高そう…

  5. よくある質問

    『坪単価』とは 、何を表しているのですか?

    『坪単価』とは『目安』にすぎない!?建物金額の目安として使われ…

  6. よくある質問

    【契約〜お引渡しまで】の具体的な流れ

    『住宅メーカーの流れは、他の人から聞いて、何となく理解しているが・・・…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. プロジェクトの裏側から

    最後まで自分の好みをブレずに突き通すこと
  2. 中庭

    中庭4つのメリットー4/4 防犯対策への有効な手段
  3. よくある質問

    『坪単価』とは 、何を表しているのですか?
  4. 日々感じたこと・体験したこと

    雪から感じる『文明と文化』
  5. Food

    「優勝軒」の『つけ麺』を食べました。ごちそうさまでした!
PAGE TOP