壁紙関係

後悔しないアクセントクロスの使い方は…『大胆にいこう!』です。

 家づくりも終盤に入ると、壁・天井の壁紙を決めますが、それは内部空間の雰囲気を決める大切な要素となります。

ご主人様|『あまり飽きのこない色柄、シンプルで白っぽいクロスがいいのでは?』
奥様|『そうね!あまり派手なのは、飽きてしまいそうだし・・・!』

こんな感じで深く考えずに決める人が、ほとんどではないでしょうか?

 

 日本人は、基本的に安心感のある『白系の壁紙が好き』です。『それで十分…』という人もいます。でもそれだけでは『何か物足りないな〜!・デザインされた感がないな〜!』と感じる人もいます。

リゾートホテル・高級ホテル・海外の建築の本などにでてる内装写真をじっくり見てみると、壁・天井は、決して白い壁紙だけではありません。部分的に大胆な色・大胆な柄の壁紙を使って、落ち着きと高級感のある空間に仕上がっています。

ポイントは『アクセントとなる壁紙を大胆に使っていること!』です。

【主寝室/壁・天井アクセントクロス】

これは、私の好きなアメリカ西海岸にある建築設計事務所 O+A の人が言っていたことです。

店舗デザインでお金をかけるなら・・・
店に入った正面が第一
右側→左側→天井→床の順序です。
予算が足りなければ、床材から削っていきます。

つまり『全て要素にお金をかけるのではなく、部分的にやるだけでも、店舗の雰囲気は十分にだせる!』と言っています。

このことは【アクセントクロス】にも応用できます。つまり部分的に『大胆なアクセント』を効かせる事で、落着きと高級感のある空間にすることができるのです。

 更に、もう一つ大切な事があります。それはアクセントクロスの選び方です。例えば、壁紙のサンプル帳を見ながら選ぶ時は『こんなに派手なもの・大胆なものを選んで大丈夫!?という感覚の色柄を選ぶこと』が、後悔しない成功のポイントですーー!!

『なぜか?』と言えば、そのくらい派手で大胆は色柄を選ばないと、実際に壁や天井に貼った時にアクセントにならないからです。私の過去の経験から、サンプル帳で『ちょっと派手すぎるかな〜?』と心配になり、控えめのものを選んだ時がありました。その後、実際できあがりを見ると『どこがアクセントなの?』みたいな感じになってしまい、とても残念だったことがあります。

理由は『面積効果』です。人の目には、小さな面積で見た色の濃いものが大きな面積になると明るく薄く見えてしまうからです。

【リビング/壁アクセントクロス】

というわで…後悔しないアクセントクロスの使い方は『大胆にいこう!』です。

【関連】例えば天井クロス‥‥色を変えるだけで退屈な空間から洒落た空間へ変わります!

節約術・・・『節約したいなら、一番良いものを選べ!』前のページ

ちょっとオシャレな家にしたいなら『軒天』を一工夫しよう!次のページ

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. 住まいづくり アイディア

    二世帯住宅の玄関|完全分離のプランニングテクニック

     『二世帯住宅の玄関』は、『各々の世帯の玄関ドアから直接入る』が一般的…

  2. 壁紙関係

    リビング|アクセントクロス|2つのポイント!

     リビングに貼るアクセントクロスのポイントは『2点』です。1)柄や色合…

  3. 壁紙関係

    子供部屋|アクセントクロスの位置|3つの実例から見る貼り分け方法

     子供部屋の壁や天井に『アクセントクロスを使ってみようかな~!?』と考…

  4. 住まいづくり アイディア

    木造住宅|『尺モジュール』・『メーターモジュール』|その違いとオススメは!?

     私の今までの経験から『木造住宅の基本となる寸法の考え方』について結論…

  5. 壁紙関係

    壁の一部に『アクセントクロス・石・タイル』を使って、気持ち良い空間に!!

     家づくりを進めていく中で、気持ちの良い空間にする方法は、自分が『ここ…

  6. 住まいづくり アイディア

    『間接照明』ー天井埋込カーテンボックスに仕込む方法

     リビングやダイニングに『間接照明をつくりたいな〜!』と思っている人は…

最近の記事

ARCHIVES

  1. 未分類

    床に貼るタイルの『目地色』は何色に!?
  2. 住まいづくり アイディア

    木造『フラットルーフ』|天井断熱材の入れ方|注意するべきポイントーー!!
  3. Apple関係

    Appleは、人工衛星を開発しているらしい!?
  4. Fashion

    部屋に居ながら『夏と海』を感じるルームフレグランスを買ってみたーー!
  5. 未分類

    ブログは『月に3回お休みできる』というルール
PAGE TOP