よくある質問

家づくりの『方式の違い』とは!? 住宅メーカー(工務店) vs 建築設計事務所

皆さんは『建物をつくる方法』には『方式の違い』があることはご存知でしたか?

建物をつくるには『3つの責任分担』があります。

1) 設計
2) 工事監理
3) 施工

『3つの責任をどのように分担するか!?』で建物をつくる方式が変わります。

□A パターン『設計・工事監理・施工』を一社で進める

【 住宅メーカー & 工務店 】は『設計・工事監理・施工』の3つの責任を一社で担い進めます。

□B パターン『設計・工事監理』と『施工』をわけて二社で進める

『設計・工事監理』の責任を【 建築設計事務所 】が、『施工』の責任を【 工事会社 】が担います。つまり二社で責任を分担し進めます

※ちなみに『設計』と『工事監理・施工』でわけて、二社でつくるパターンもあります。弊社は注文住宅では『工事監理』が大切だと考えていますので『設計のみ』では仕事を受けていません。したがって、このパターンは説明しませんのでご了承下さい。

方式の違い2

方式の違い

建物をつくる方法は大きく分けると「二通り」あることがわかって頂けたと思います。次は『家を建てる』という場面を例にあげて、おのおののパターンを説明します。

 

スポンサードリンク
 
■住宅を建てるための会社を選定する状況

【A パターン】

3社へ自分達の要望と予算を伝えます。数日後、各社よりプラン&見積りの提案をうけます。同じことを伝えても、各社から全く違うプランと見積りが上がってくるでしょう。

この時点での問題は‥‥‥
1)建築の素人であるお客様は、どのプランが良いのか全くわかりません。
2)見積書のフォーマットも金額も違うので『何が入っていて、何かが入っていないのか‥‥』よくわからい。
3)余程勉強しない限り『自分で判断する』のは難しい。
‥‥‥となります。

【B パターン】

どこの設計事務所で進めるか決定してる前提での話になりますが、納得できるまでプランを詰めたら、設計事務所から工事会社3社へ相見積りの依頼をします。

専門知識を持った設計事務所が、お客様の代理人となり見積り手配をします。お客様が工事会社へ依頼する煩わしさはありません。

各工事会社より上がってきた見積りは、プラン一つに対しての金額なので、工事会社によって『高い・安い』が単純にわかります。

更に設計事務所では『見積もり落ちがないか・単価は適正か‥‥』など、専門家としての知識と経験を生かし見積り分析をして、お客様へ助言します。

この時点での問題は‥‥‥
1)住宅メーカーのように展示場がないので『どこの設計事務所で進めるか?』という一番最初の部分が問題です。
2)設計事務所と契約する段階では、提案されたプランの金額は過去の物件から算出した概算となります。したがって、工事会社から見積りが上がってくるまで最終的な工事金額はわからない。

■プラン&見積りの提案を受け会社を選定する段階

【A パターン】

1)断る会社へ自分で連絡を入れる煩わしさがある。
2)各社からオプションや値引きなどの条件提示により、契約を迫られ気持が追い詰められます。本来は『プランがすばらしい‥‥』など、家づくりで大切な部分とかけ離れたところでの決断となる。

【B パターン】

1)お客様が工事会社の決定をしたら、断りの連絡は代理人である設計事務所が行うので、煩わしさがないが、工事会社から上がってきた見積りの調整が必要な場合がある。

■会社が決まり工事中の段階

【A パターン】

1)選んだ会社は工事監理者も兼ねているので、お客様のスケジュールというより会社のスケジュールで、家づくりが進んでいく。
2)現場を見て図面と違うと気付いた場合は、職人さんや現場監督など建築のプロを相手に、素人であるお客様が直接話をしていく難しさがある。
3)お客様自身で現場を見ていく必要がある。

【B パターン】

1)お客様の代理人である設計事務所が工事監理者なので、お客様のスケジュールで家づくりを進められる。特にこのことは重要です。作品性の高い建物をつくろうと思ったら、工事会社ではなく、お客様と設計者に主導権を持っていく必要がある。
2)現場を見て図面と違うと気付いた場合は、現場へ直接伝えなくても設計事務所へ伝えて頂くことで対応します。
3)お客様の代理人として工事会社との間に設計事務所が入りますので、工事会社には良い意味でプレッシャーがかかるでしょう。

【 まとめ 】

外から見ると『建築のつくり方』は、全て同じに見えるかもしれませんが、実はこのような『違い』があります。

一つ言えることは、作品性の高い建物をつくろうと思ったら【B パターン】がお薦めです。

いずれにしても、まずは『会って話をして判断する』それをお薦めします。

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 1年間毎日ブログをアップして、自由の翼を手に入れるーー!!
  2. これからの目標『仕事は、今から3年3ヶ月後55歳で引退。セミリタイア生活に入る!…

関連記事

  1. よくある質問

    わかりずらい言葉『建坪(たてつぼ)』改めて解説

    『建坪』とは、結論から先に言えば建築基準法上の『建築面積』にあたります…

  2. よくある質問

    現地調査の内容とは!?

    土地さえ決まれば、次は『具体的なプランの打合わせだ‥‥!』と思っていま…

  3. よくある質問

    『坪単価』とは 、何を表しているのですか?

    『坪単価』とは『目安』にすぎない!?建物金額の目安として使われ…

  4. よくある質問

    遠隔地でも対応してくれますか!?

    弊社に【 お問合せ・資料請求 】を頂く中で『遠隔地でも大丈夫ですか?』…

  5. よくある質問

    『解体工事』金額&注意点について

    家の建替えなど、土地を更地にする場合に建物の『解体工事』がでてきます。…

  6. よくある質問

    【相談〜契約まで】の具体的な流れ

    設計事務所へ設計相談をしてみたいが・・『なんだか、敷居が高そう…

スポンサードリンク

最近の記事

ARCHIVES

スポンサードリンク

  1. 便利グッズ

    SoftBank Airにして『とても良かった!!』と思った件
  2. バルコニー

    ルーフバルコニーをつくる時に考えるべき『2つ』のポイントーー!!
  3. ドラマ&映画の勝手に評論

    イギリスドラマ『ザ・ウィドウ ~真実を求めて~』が面白くてハマった件!!
  4. iPhone

    『TOZOのiPhoneケース』は、まるでケースをつけていないのでは…と思えるよ…
  5. Mac関係

    ついに【Macbook Pro 17-inch, Early 2011】引退の時…
PAGE TOP