Open Close

MacBook (Retina, 12-inch, 2017)が、家にやってきたーー!!(嬉

 先日このブログで『MacBook』を注文したことを書きましたが、それが7月10日(月)に自宅へ届きましたーー!!(嬉

ゴールドのMacは、見た目が今までになく新鮮で高級感があり、更に動作はサクサク。
とっても満足していますーー!!

 

スポンサードリンク



 

 アップルのホームページから注文したのが5日(水)、家に到着したのが10日(月)なので、注文か5日後に手に入れることができました。

・このような箱に入って送られてきます。『非常にコンパクトだな〜』と感じました。

・箱を開けると、ゴールドのMacBookがでてきましたーー!!

・MacBookを取り出すと、その下からケーブル類がでてきます。

・そして、いよいよMacBookの蓋を開けてみます。すると自動的に起動ーー!!

 勝手に起動したので『なんでだろう〜?』と違和感を感じたのでネットで検索。

 

2016 年以降に発売されたモデルの MacBook Pro や MacBook (Retina, 12-inch, 2017) は、蓋を開けたときや電源に接続したときに起動します。

MacBook Pro (2016 以降) や MacBook (Retina, 12-inch, 2017) の電源が切れている場合、以下の操作をすると電源が入ります。
•Mac の蓋を開ける (電源が接続されていなくても電源が入ります)。
•蓋が開いている状態で電源アダプタに接続する。
•蓋が閉じていて、外付けディスプレイに接続されている状態で電源アダプタに接続する。

・アップルのホームページから引用|https://support.apple.com/ja-jp/HT207104

 

つまり『電源ボタンを押す』という動作が一つ省略されたわけで、更にシンプルに! このことは地味だけど『凄いことだな〜!』と感じました。

 続いて到着した夜に早速『移行アシスタント』を使って、今まで使っていたiMac(2009)からMacBookへ全データを移行。スピーディーにそしてスムーズに終えることができました。
この辺りがとても簡単にできるので『さすがアップル!!』と感じます。

 

 気になるところは、今のところ1点だけ。それは外部から接続できるポートが『USB-C』一つのみというところです。
アップルのMagic Mouseはブルートゥース接続なので問題ありませんが、一般的売っているワイヤレスマウスはこのポートでは使えません。

ちなみにサードパーティーから出ているMacBookのデザインに合わせた『Type-C Mac専用のHUB』でも買えば問題無いのですが、5000〜6000円とちょっと高めです。

でも、ポートが一つしかない大きな理由は、これからは全てがワイヤレスで繋がる時代になるからだろうと思いますので、逆に周辺機器の更なる進化を楽しみにしていこうと思います。

 

【まとめ】
キーボードについては非常に快適ーー!!タイピングがとても気持ち良く感じられます。
新たに開発された『第二世代のバタフライキーボード』のおかげだと思います。

それにしても全てに進化を感じます。とてもオススメですよーー!!

 

【関連】13インチ MacBook Air 1.6GHz Dual-core Intel Core i5 [整備済製品]を買ってみた–!!

 

スポンサードリンク