Open Close

「死ぬ気で俺についてこい!」イーロン・マスクが火星移住計画を発表|ギズモード・ジャパン

 皆さん『火星移住計画』という話を知っていますか?
どこかで耳に入ってきたかもしれませんが、私はこんなに現実的に進んでいるとは思っていなかったので、この記事を見て衝撃をうけましたーー!!
その記事をご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク



 

↓↓↓まずは、Youtubeの映像をみてください。↓↓↓

 

衝撃的ではなかったですか?
私は、ものすごく衝撃をうけましたーー!!

元記事も紹介しておきます。下記リンクよりどうぞ。

▼▼▼
SpaceXの創業者イーロン・マスクが先日、国際宇宙会議で火星移住計画の詳細を明らかにしました。
「人類が辿る道は2つしかない。ひとつは地球に永久に残って滅亡を待つこと。
あとひとつは人類が多惑星種になることだ」と語るイーロン・マスクの火星移住計画とは…。”

情報源: 「死ぬ気で俺についてこい!」イーロン・マスクが火星移住計画を発表|ギズモード・ジャパン

 

 計画では火星に1回200人×1,000回に小分けにして人類を送り込み植民化をするそうです。
完全自給自足の文明が火星上にできるまでには、だいたい40年から100年かかるとのことで、予算は100億ドル(約1兆円)

もはや、この金額が高いのか?安いのか?わかりませんが、もうあまりにも壮大な計画ですね!(笑

 

【まとめ】
 世の中には、本当にすごい人がいるものです。
このような壮大な計画を見通し立案できる人というのは、私のような人間には見ることができない何かがきっと見えているのでしょう。
本当に尊敬してしまいます。

順調に進めば、2023年には火星を目指せるとのこと。つまり、今から7年後です。
東京オリンピックが終わったら、こちらが楽しみになりそうですね!(笑

 

スポンサードリンク