Open Close

『ビルトインガレージ』をつくる時の『注意するべき4つのポイント』

家づくりを進めていく上で『車の駐車スペースをどのようにとるか!?』を考えるのは、とても重要なことです。

・『外に置くと車が汚れるのでビルトインにしたい!』
・『ビルトインガレージ内で作業をしたい!』
・『防犯上ビルトインにしたほうが安心!』


このようなことから、『ビルトインガレージをつくりたい!』と考えている人も多いでしょう。

ここでは『ビルトインガレージをつくる時の注意するべき4つのポイント』を詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

『4つのポイント』とは、下記の通りです。

1)寸法
2)シャッターの種類
3)天井の高さ&サイドルームの寸法
4)照明

1つずつ説明をしていきましょう。

1)寸法
ビルトインガレージを設計する際の寸法についてです。

例えば、ショッピングモールの駐車場で白線が引いてある寸法は幅2300(2.3m)・奥行き5000(5m)くらいだと思いますが、この寸法そのままでビルトインガレージをつくると、狭くて使いものになりません。
私が設計が設計する時の具体的な寸法は下記の通りです。

・1台のビルトインガレージ/幅3000(3m)・奥行き6000(6m)
・2台のビルトインガレージ/幅6000(6m)・奥行き6000(6m)

 

ビルトインガレージ1

 

原則として、この寸法でつくれば、たいていの車は入ります。

但し、外車など車のサイズが大きい場合は『駐車した時に、前後左右がどのくらい空くのか?』具体的に検討していく必要があるでしょう。(ex.レクサスLS・ベンツCLS・ポルシェパナメーラetc)

2)シャッターの種類
ガレージシャッターの種類は、一般的な巻き上げシャッターとは違い、開閉時の音が静かで見た目もシンプルで美しい『オーバースライダー』がオススメです。

私がよく使っているオーバースライダーのメーカーのリンクです。興味のある方は参考にして下さい。

金剛シャッター/アルバート
文化シャッター/フラットピット

 

ビルトインガレージ2

 

3)天井の高さ&サイドルームの寸法
ガレージ内の天井の高さは、最低でも2500(2.5m)とりましょう。

理由は、オーバースライダーは天井に格納されることや、設置の関係で下がり壁が必要になるからです。下の図を見て頂くとわかりやすいと思います。

また、オーバースライダーを設置する上で、両サイドに100~150(10cm~15cm)の壁が必要になってきます。その分開口が狭くなるのを理解しましょう。

 

ビルトインガレージ3

 

4)照明
開閉時には、自動で点灯する照明がシャッターに付属してきますが、あまり明るさはなく数分で消えてしまいます。

もしガレージ内で何か作業をする可能性があるようでしたら、別に照明器具を設置した方が良いでしょう。

但し、オーバースライダーは天井に格納されるので照明器具が隠れる可能性があります。設置場所を十分検討しましょう。

 

ビルトインガレージ4
イメージ画像 | 文化シャッター

 

最低でも、この4点を気をつければ、快適なビルトインガレージがつくれます。

 

【まとめ】
別の方法として、建物完成後に外構工事でビルトインガレージをつくる方法もありますが、建物と一体でつくるビルトインガレージの方がコストをおさえてつくれます。

もし『ビルトインガレージをつくりたい…』とお考えなら、邸宅感の演出やコスト面を考えても最初から建物と一体でつくる方が絶対にオススメですーー!!

 

スポンサードリンク