Open Close

トイレ空間で使う『アクセントクロス』ー3つのポイント!

壁・天井の仕上げで『アクセントクロスを使ってみたい‥‥‥!』と思っている人は多いと思います。

今回は『トイレ』でアクセントクロスを使う場合について、実例から具体的なテクニックを紹介します。

実例は、写真とプランを載せています。それをじっくりと見ながら読んで頂くと分りやすいと思います。

 

スポンサードリンク



 

A.最初は『全体的に濃い色のアクセントクロス』を使った実例。
トイレ1/アクセントクロス

1)全ての壁(四面)をボーダー柄アクセントクロス。天井面は濃い色の無地アクセントクロス。

2)トイレに入って正面と左面の壁に柄物アクセントクロス。残りの壁ニ面と天井面を同じ濃いベージュのアクセントクロス。

 

B.続いて『濃い色と薄い色のアクセントクロス』を組み合わせた実例。
トイレ2/アクセントクロス

3)トイレに入って正面と左面の壁に濃い色のアクセントクロス。残りの壁2面と天井面を同じ白系アクセントクロス。

4)トイレに入って正面と左右の壁を白系アクセントクロス。残りの壁一面と天井面を同じ濃いめの柄物アクセントクロス。

 

C.最後は『アクセントクロスと一般的な白系クロス(ベースクロスとも言います)』の組み合わせ。
トイレ3/アクセントクロス

5)トイレに入って正面の壁のみ柄物アクセントクロス。残りの壁と天井はベースクロス。

6)壁は全て黒系のアクセントクロス。天井のみベースクロス。

7)トイレに入って右面と天井面を黒系アクセントクロス。残りの壁はベースクロス。

アクセントクロスの考え方は、この『3パターン』を押さえながら検討していくと良いと思います。

コスト的には、A > B > C となりますが、実際に貼る面積を計算するとわずかですので、さほどコストアップしないと思います。

色合い的には、トイレのような小さな空間で濃い色や柄物を使っても思ったほど圧迫感は出ませんので、思いきって決断しましょうーー!!

 

【まとめ】
アクセントクロスは、サンプルで見た時に『これ大丈夫ーー!?』というくらい強烈なものを選ぶのがポイントです。

また、どの面にアクセントクロスを使うか迷ったら、優先順位は『正面 → 右 → 左 → 天井』です。

忘れずにーー!!(笑

【関連】わずかな金額で、空間をグレードアップさせるテクニック『壁のアクセント』
【関連】例えば天井クロス‥‥色を変えるだけで退屈な空間から洒落た空間へ変わります!
【関連】アクセントクロスは『部分的に、そして大胆に!』

 

スポンサードリンク