Open Close

アクセントクロスは『部分的に、そして大胆に!』

家づくりも終盤に入ってくると、壁・天井の壁紙(ビニールクロス)を決めますが、それは内部空間の雰囲気を決める大切な要素でもあります。

ご主人 『あまり飽きのこない色柄、シンプルで白っぽいクロスがいいのでは?』
奥様  『そうね!あまり派手なのは、飽きてしまいそうだし・・・!』

こんな感じで決める人が、ほとんどではないでしょうか?

スポンサードリンク



私が思うに『日本人は基本的に白が好き』だと思いますが・・・(笑

『それで十分・・・』という人であれば問題ありませんが、やはり、それだけでは何か物足りないし、デザインされた感がありません。

リゾートホテルや高級ホテル、また海外の建築の本など・・・写真をじっくり見てみると、壁や天井は決して白っぽいクロスだけではありません。

大胆な色や柄のアクセントクロスを、部分的にうまく使っています!
以外と派手なクロスを使っているにもかかわらず、落ち着きと高級感のある空間に仕上がっています。

もちろん『色の組み合わせが良い!』というのもあると思いますが、それだけではありません。
先程『部分的に・・・』と書きましたが、『アクセントになるクロスを部分的に使っている!』というのが大きなポイントです。

アクセントクロス
【主寝室/壁・天井アクセントクロス】

これは、私の好きなアメリカ西海岸にある建築設計事務所 O+A の人が言っていたことです。

店舗デザインでお金をかけるなら・・・
店に入った正面が第一
右側→左側→天井→床の順序です。
予算が足りなければ、床材から削っていきます。

つまり『全て要素にお金をかけるのではなく、部分的にやるだけでも、店舗の雰囲気は十分にだせる!』と言っています。

このことは【アクセントクロス】にも応用できます。
つまり、部分的にアクセントを効かせる事で、落着きと高級感のある空間にすることができるのです。

更に、もう一つ大切な事があります。
アクセントクロスは、大胆なものを選びましょうーー!!

クロスのサンプル帳があると思いますが・・・選ぶ時の成功のポイントは『こんなに派手なものを選んで大丈夫!?』というくらいの感覚になる色柄を選ぶことですーー!!

なぜか?と言えば、そのくらいの色柄を選ばないと、実際に壁や天井に貼ったときには、アクセントにならないからです。

私の過去の経験をお話をさせて頂くと・・・サンプルで『ちょっと派手すぎるかな?』と心配になり、抑えめのものを選んだ時がありました。

そして、実際できあがりを見ると『どこがアクセント?』みたいな感じになってしまい、残念だったことがあります。

また、人間の目には『面積効果』というものもあります。

小さな面積で見た色の濃いものは、大きな面積になると小さな面積で見た時よりも明るく見えてしまいます。

アクセントクロス02
【主寝室/壁アクセントクロス】

というわで・・・アクセントクロスは『部分的に、そして大胆に!』

【関連】例えば天井クロス‥‥色を変えるだけで退屈な空間から洒落た空間へ変わります!
【関連】11 壁・天井仕上げ

………………………………………
最後まで、読んで頂きまして有難うございました。
この記事から何か感じて頂けら、シェアして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク